◆丸沼の大きな魚たち

丸沼の環湖荘が綴っている釣り情報ブログの「丸沼釣り日記」は2010年8月以来続いてきていて、

そのリンクの「年間大物賞」の記録は2003年まで遡って閲覧できる。

近況の情報を発信している釣り場は多くあるが、これほど過去までの情報を公開しているのは

少なく、興味のある人には貴重な情報だ。



年間大物賞に登録された魚(ニジマス、ブラウントラウト、イワナ、サクラマス)、釣れた時期、年代、

釣り方の間にどんな傾向があるか興味があったので、ブログ管理者の了解を得た上で

それらの情報をデータ化(見える化)してみた。

もちろん大物賞に登録された以上の大物が釣れていることもあるが、これだけの多くの

情報をマクロに見たときの傾向は実態に沿ったものとなる。




【ニジマスの部】

時期(ニジマス) 001

サイズ(ニジマス) 001

丸沼で主に釣れる魚。 そのほとんどは成魚放流されたものだが、数年の間湖で育った

ヒレピンの大型も釣れる。


① よく釣れる時期は大量に放流する解禁直後から6月上旬あたりと産卵で岸に近づく時期及び
   大会の放流が重なる10月末から大物賞登録期限の11月10日までの間に集中している。

② おもしろいのはサイズを年代別にみた下側のグラフだが、腺を引いたように2012年以降
  サイズがドンと大きくなっている。 ちょうど釣り大会を始めて1年後の2012年からだ。 
  それまでと異なり解禁時、大会時とイベント毎に多くの大型ニジマスを放流し始めたという
  ことをこのグラフが如実に示している。

③ 当然のことだが、大会直後(大型魚の放流直後)に釣れるチャンスが高い。

④ 9月には過去一度も大物賞はあがっていない。 
  この時期、ニジマスの大物賞を狙って釣りにきてはいけない(笑)。

⑤ 釣り方の間には70cm以下では特に優劣はないようだが、70cmオーバーになると
   エサ釣りの釣果が少ない。 のべ竿の人もいるので、ヒットしても糸切れしてしまうためか、
   それとも場所のせいか?

    




【ブラウントラウトの部】

時期(ブラウン) 001

サイズ(ブラウン) 001

時々成魚放流されてきているが、ニジマスのように大会用に毎回は大量放流はされていない。

2012年8月31日(金)の定期放流時に40cm前後のブラウントラウトが大量に放流され、

その後9月いっぱいあたりまで放流されたブラウンが爆釣していたという記憶がある。


① 時期的には活性が上がる5月を中心に、岸際に寄りつく11月となるが、水温が
  上がる6月以降も大型がポツポツとあがるのがブラウンの特徴。

② 年代別にサイズ分布をみると2011年、2012年あたりまで徐々にサイズが大きくなり
  そこをピークに2013年以降サイズが一気に小さくなっている。
  これは想像だが、2005年前後に一度大量放流された成魚が成長し、2012年頃に
  サイズがピークとなり、寿命によって大型の個体数が一気に減少したということ
  かもしれない。 定期的な放流を止めるとその後次第に大きいサイズが釣れるようになり、
  喜んでいるとパタリと何も釣れなくなるということはあちこちの湖でよくある話だ。
  しかし、サイズが小さくなった2013年以降、徐々にサイズが大きくなってきているような
  傾向にも見れる。 ここ数年ブラウンはあまり釣れなくなってきていて、その個体数も
  少ないと思われるが、ブラウンの寿命は産卵しなければ7、8年といわれており、2012年の放流
  の一部が育ってきているとしたら、今年以降も大型化が進み、再び65~70cmクラスが出る
  ようになるかも。
  
③ 15年間でフライのみが3回大物賞のエントリーがない。 もちろんエントリーがなかった
  だけで、そこそこは釣れていたのだろうが、丸沼のデカブラウンにはルアーやエサが
  一歩先んじているかな?






【イワナの部】

時期(イワナ) 001

サイズ(イワナ) 001

イワナは定期放流されていない。

丸沼で自然繁殖するイワナもいるが、そんなわけで個体数は少ない。

オショロコマもいる。 オショロコマは大物賞では「イワナ部門」に含まれる。

一般にオショロコマの生息地は北海道に限ると書物では言われている。 

自然繁殖ということではそうだろうが、

丸沼でも養殖の稚魚の放流がされて大きいオショロがまれに釣れている。

(2007年頃には2万匹のオショロの稚魚を放流した、とある)
 
イワナが自然繁殖するのだから、オショロも育つ可能性は確かにあるかも。

2011年はオショロが多く釣れ出した年で9月、10月に50cmオーバーが3匹、計6匹もオショロが

あがっている。 ヒレピンである(写真)ことなどから放流直後のものではないように思われる。

また、2011年11月12日の第2回釣り大会では、

一位: オショロ53cm 二位: オショロ50cm  三位: オショロ48cm  

五位: オショロ47cmとオショロが上位を独占している。

もっともオショロ以上のサイズのニジマスはあまり放流されていなかった、

ということかもしれないが。

それにしても2007年頃の稚魚大量放流の結果が出た、ということか。


① 年代別によく釣れた時期をみると、2012年以降釣れる時期がそれまで解禁直後だったのが
  8月以降に大きくずれてきている。 不思議に感じる。
  ニジマスの放流サイズも2012年以降ドンと大きくなっているのでそれとの関係か?
  いずれにせよここ数年、水温がすごく高いにもかかわらず、ベイトを追ってごく浅瀬に寄ってきている
  イワナをよく見ることがある。

② 年代別のサイズの分布は昔とあまり変化していないようだ。
  
  
  



【サクラマスの部】

時期(サクラ) 001

サイズ(サクラ) 001

数も釣れないし、サイズも大きくて40cm台後半、50オーバーともなれば超大型。

最近では2016年9月13日にヤマメの稚魚を放流、2017年6月末~7月にかけて4回ほど

30cm後半くらいの成魚が放流されている。

また、2017年10月5日には20cm程度に成長したヤマメ2000匹が放流された。

去年の7月に放流された成魚はすぐに婚姻期に入り、群れで遡上行動にでた

結果、爆釣となった。

① サクラマスはやはり名の通り春先に釣れている。
   グラフの中で2017年の夏に釣れているのは前述した成魚放流の結果だ。

② もし、成魚放流したものが生き残っているとしたら、今年以降一段とサイズアップした
  のが釣れてくれそう。
  また、2016年に放流した稚魚や去年放流したヤマメなどがそれに続いて成長したら
  コンスタントに春のサクラマスの引きを楽しめるかも。
  いずれにせよ、サクラマスの大物を狙うとすれば6月中旬前ということになる。




今回のデータ化で特に興味を持ったことは、2012年あたりを境に釣れ方がガラリと変わったことだ。

1) 2012年以降、ニジマスのサイズが急激に大きくなった。(そうゆうサイズを放流したからだが)

2) 逆に2012年以降、ブラウントラウトのサイズが急に小さくなったこと。

3) 2012年以降、イワナが釣れた時期が春先から夏以降にずれたこと。


これらの現象の間には何か関連性があるのだろうか?

2012年前後に何があったのか?

その答えが解れば

将来が見えるかも ・ ・ ・ 。

◆鬼は外!

今年の豆まきは

昼間からその準備に追われることに。

RIMG5889.jpg
RIMG5890.jpg





チビ達。

いつも無邪気のようにみえるが

それはそれはたくさんのストレスやイライラを抱えている。



それらの一言一句を耳を澄ましてよく聞くと

どれもまったくその通りと共感せざるを得ないことばかり ・ ・ ・

じいじは助けてやれることはあまりないが

せめて、

「思ってることをぜ~んぶ書いてごらん」

と紙とペンを与えると ・ ・ ・ 



それは爆発したかのように次から次へと!

普段は数時間かけないと原稿用紙1枚の作文が書けないのに

実はこれだけの文字と絵を30分で書き上げる能力を持っている。

RIMG5912.jpg




そこで始まる ・ ・ ・

RIMG5892.jpg



うりゃーーーー!!

RIMG5894.jpg



〇×▲はそとーーーー!  福はうちーーーー!

RIMG5916.jpg



バシッ!!

RIMG5917.jpg




投げては拾い、拾っては投げ ・ ・ ・

RIMG5927.jpg
RIMG5904.jpg




投げ疲れて、小休止 ・ ・ ・

RIMG5911.jpg





後半戦!

RIMG5937.jpg
RIMG5938.jpg
RIMG5939.jpg




紙くずや

兵どもが

夢の跡 ・ ・ ・  (_ _;)

RIMG5932.jpg




そして、チビ達の一言

「え!? なんなんだろ? この気持ち? こんなにスッキリしたことってなぁ~い!」





こころの中の鬼も出ていったらしい。

何も言わなくても後片付けをかってでてくれた。 (驚)

片付けも楽しそう ・ ・ ・

RIMG5934.jpg
RIMG5936.jpg




一夜明け、

今年も庭のあんずの花が咲き始めた。

清々しい。

RIMG5943.jpg




◆木製ランディングネットの製作(完成編)

(Vol. 1は→ここ
(Vol. 2は→ここ
(Vol. 3は→ここ
(Vol. 4は→ここ


一気に完成まで。

フレームとグリップの接着、フレーム根元の補強板の接着等々、曲面の貼り合わせ部は

冶具も使わずほとんどカッターナイフとサンドペーパーだけで削ったので、

いかにも素人の手作り品という感じだが、かえって愛着がわく。

接着具合はいいようだ。

RIMG5820.jpg






次はグリップとフレームの最終削り出しと仕上げ。

RIMG5831.jpg






グリップの裏側には握り感をしっかり出すため、握った時の俺の指のピッチ(20mm)で

凹凸を刻む。

正にオーダーメイド!!

RIMG5838.jpg







次はフレームにネットを取り付ける溝と穴を開ける。

単板の竹材なので、穴も溝も大きくできない。

溝掘りは金ノコで根気のいる作業。

RIMG5837.jpg
RIMG5836.jpg







実戦優先のデザインというコンセプトから唯一逸脱することだが ・ ・ ・

昔、昔、その昔。

アワビの殻でルアーを作って喜んでいた。

物置の奥をひっくり返して探したら出てきたのでちょっと横道へ ・ ・ ・

RIMG5840.jpg









その、こころは

”魚がたくさんこのネットに入ってきてくれますように!!”

aRIMG5843.jpg






木彫オイルで表面仕上げ後、これまで使っていたランディングネットの手編みネット

を外して、これに付け替える。

RIMG5868.jpg







最後になったが、ヒートンの取り付け。

ヒートンはボールベアリング入りのスイベル6号で代用。ランディングネット専用のものより

機能、性能も高い。(と思っている)


ということで、

内径/縦: 53cm

内径/横: 35.5cm

全長: 89cm

乾燥重量: 275グラム (これまでのネットより更に10グラム軽くできた)

RIMG5863.jpgRIMG5864.jpgRIMG5865.jpg


RIMG5847.jpg
RIMG5850.jpg
RIMG5848.jpg
aRIMG5849.jpg
RIMG5876.jpg






フレームの形成に使った型板は、カットしてフレームの変形防止用として

使用後にフレームにはめ込んでおくことに。

こうすれば大きく変形することはないだろう。

RIMG5867.jpg






これまで数々のランディングネットを持ち替えてきたが

これできっと、一生ものになるでしょう。 (置き忘れて紛失しなければ、だけど・・・)

あとは魂を入れるのみ!


◆木製ランディングネットの製作(Vol. 4)

(Vol. 1は→ここ
(Vol. 2は→ここ
(Vol. 3は→ここ

グリップの製作に移る。

木製手作りネットというとグリップ部分は花梨の木やらなんやら、

高価な銘木が定番だが、お金はできるだけかけたくないし、

そうゆうのはたいてい重い。 今回のコンセプトの一つ「軽い」にも適さない。

軽くて安いというのでは竹を積層して作るのもあるが、これも定番すぎてちょっと ・ ・ ・



いろいろ調べたが、軽くて、安くて、比較的水/湿気に耐え、硬さもそこそこという

ことで、「きはだ」に決定。

きはだの気乾比重は0.49で竹の0.63よりも軽いのだ。

DIY館の建具材コーナーで30cm×40cm×1.5cmの板材1枚を購入。 それでも1,115円もした。



大まかに2枚切り出す。 重さは150グラム。

RIMG5810.jpg





より軽くするため、内部を空洞にする。

RIMG5811.jpg




これで26グラム軽くなった。 手に持った感じで明らかに軽くなったのがわかる。

RIMG5812.jpg




グリップの長さは36cm。 DHロッド用としてはやはりグリップが長いほうが

大型魚は取り込み安い。

グリップの形はというと、断面が長方形よりも円か楕円の方が握りやすい。 俺の場合

直径で3cm程度が大型ネットの場合には扱いやすい。

グリップの奥を握っても手前を握ってもベストな握り具合となると当然のことだが

グリップ部分は全部同じ太さということになる。 美観よりも使い勝手優先。




フレームはというと、けっこう形成が進み、形状が安定したので

グリップと接着することに。

フレームとの接着面だけはキチンと仕上げて、2液性エポキシ接着剤を塗布して

たこ糸でぐるぐる巻きに。

RIMG5815.jpg

RIMG5816.jpg



これで24時間経てば接着完了。  後は

① 補強目的にフレームの付け根部分に薄い竹板を張り合わせる。

② フレームにネット取り付け用の穴をあける。

③ グリップの最終研削、磨き上げ。

④ ヒートンの取り付け。

⑤ オイル塗装。 (ウレタン塗装はしない)

⑥ 手編みネットの取り付け。

で、出来上がる(はず)。


次回はVol. 5でいっきに完成へ。



◆木製ランディングネットの製作(Vol. 3)

(Vol. 1は→ここ
(Vol. 2は→ここ

今回はフレームを形成するところまで仕上げる。

フレームの厚さを均等に削り出す簡単な良い方法がやはり見つからない。

結局、手作業でコツコツと目視と手触りとで感覚的に仕上げることにする。


【第5日目】

RIMG5790.jpg

RIMG5791.jpg



どうせナイフ一本で仕上げるのだから、ちょっと凝った形のフレームに

することに。

手元付近は21.5mmとやや幅広に、先端付近(中央付近)の幅は18.5mmと細目にしてみる。

先端を軽めにすることと見た目がすっきり感がでるように。

厚さは5mm一定。

RIMG5792.jpg

RIMG5797.jpgRIMG5796.jpgRIMG5798.jpg

RIMG5795.jpg




【第6日目】

次はいよいよ形成。 

大体の形を作る。 フレームは形状の安定性や美観から数枚の板を貼り合わせるのが

一般的だが、そんな手間はかけられない。

竹材の単板で形が安定するかどうかわからないが(たぶん経時変化してしまうと思うが)

やってみることに。


こんなところで、4000kcal/hのスト-ブが役立つとは思わなかった。

RIMG5801.jpg



強靭な竹材も熱湯に漬けておくと素直に曲がってくれる。

RIMG5803.jpg




概ね型板にはまる程度に曲げることができた。

RIMG5805.jpg





型板にたこ糸で縛り付けて ・ ・ ・

RIMG5806.jpg



さて、どのくらいの期間放置していたらよいのやら ・ ・ ・

糸をほどいてみて、だめだったらまた熱湯か熱風で曲げ直しを繰り返す

ことになるのかな。


ま、フレームの形成が終われば70%出来上がったも同然。

グリップの作成はさほど技を必要としないだろう。

お高い銘木など使う気はさらさらないので。


次回Vol. 4はグリップの作成とフレームの取り付けかな。

◆木製ランディングネットの制作(Vol. 2)

(Vol. 1は→ここ


【第3日目】

DIY館で買ってきた竹材(580円と思っていたら249円だった)でフレーム作り。

ウェブで勉強した中で、竹のフレームを作る時に実に重要だと思った言葉がある。

それは

”「曲がり直し」はしてはいけない。節の補正もしてはいけない。そのまま平らに削るだけ。
 生えてたそのままで、真っすぐに削るだけでよい。繊維が多少斜めになろうとも気にしない。”

というものだ。

素材をそのまま真っすぐに切り出せばよい、ということだ.


電動ノコギリを固定し、当て板を立てて ・ ・ ・

ギャァ---------ン!

うまく切り出せた。

と思ったら ・ ・ ・

真っすぐ切ったはずなのに

曲がっている!

RIMG5785.jpg



これはちょっと使えない。 何故曲がったのか???

理由はよくわからないが、電動ノコギリはやめることに。

明日また材料を買ってきて、やり直しだ。



【第4日目】

朝から竹材をまた買ってきた。 249円だから安い。

切り出し方法を変える。

けがき線をつけて、ノコギリで慎重に切ることに。

しかし ・ ・ ・

平らな板ならともかく、長軸方向に弓なりに反っていて節があり平らでないし

横方向は円弧を描いている。 要はデコボコな球面に上から見て直線にけがき線を付けるのは

実に難しいということがやってみてよくわかった。

いくらやり直しても真っすぐに書けないのだ。

結局半日かけて、やっとある方法で”上から見て直線”をけがくことができた。

(レーザー光線があれば簡単なのだが・・・)

RIMG5771.jpg



けがき線から0.5mmほど外側をノコギリでゆっくり慎重に切っていく ・ ・ ・

RIMG5773.jpg



側面と外側をサンダーとペーパーで仕上げ、

なんとか”真っすぐなフレーム”を作ることに成功。

RIMG5777.jpg


次は厚みを一定に保ちながら内側を削らなければならないが、失敗しない良い方法が

思い浮かばない。 

とりあえず粗削りしたところで今日はおしまい。

RIMG5778.jpg
RIMG5779.jpg


お金をかけず、厚みを一定に内側を削る方法を考案しなくては ・ ・ ・

次回のVol.3にて。


◆木製ランディングネットの製作(Vol.1)

ウェブで少しづつ勉強しながら、約1年かけて構想を練ってきた。

このオフシーズンにしかできないDIY=木製ランディングネットの作成に初挑戦。



そのコンセプト 

①「美」よりも実戦優先

②より軽く



【第1日目】

フレームの形状を決め、型紙を作る。

去年のカレンダーの裏に、自分の頭で思い描いているフレームの理想的な

形状を書いてみようとするが、いざ書くとなるとこれが非常に難しい。

何べん修正してみても頭の中の形状と一致しない。 不思議なものだ。

芸術家というものは自分の心や頭の中のことを忠実に表現できるのだろう。

俺は芸術家には程遠い。

RIMG5739.jpg




1時間ほどで終わると思っていたのだが、こだわった結果まる一日かかってしまった。

それでも70点の出来栄えだが、妥協することに。

しゃもじみたいな形状 ・ ・ ・ (苦)

いままで多くの大型魚を釣ってきた経験から、ある程度横幅がある方が取り込みやすい。

そのことを反映するとこんなしゃもじ型になってしまうが実戦優先なのでこれでよしとする。

今使っているのに比べ、若干小さめとなるが今のフィールドで使うには十分なサイズ。

RIMG5751.jpg





【第2日目】

次はフレームの形成に使う型板の作成。

セ〇〇ューで1/2サイズのイエローボードを購入。

更に半分にカット。

RIMG5754.jpg




型紙で輪郭をとる。

RIMG5755.jpg



切り出し、曲面を滑らかに仕上げる。

RIMG5756.jpg



たこ糸でフレームを縛り付けるため、裏側にも木ネジが突き出るような

長さの木ネジを立てる。 これで型板が完成。

RIMG5758.jpg




次はいよいよフレームの作成。

フレームは竹にすることに。 軽くて手に入りやすい。

山に行って探してきて、乾燥させて・・・なんて手間をかけるまでもない。

セ〇〇ューで246円(税込み)で売っている。  長さは180cmでちょうどよい。

中国産である。 さすがパンダの国。 

RIMG5769.jpg





ということで、フレーム作りは次回 Vol.-2 にて。



◆2018 New Year 駅伝

家から歩いて180歩でニューイヤー駅伝の第1区のコースに出られる。

そこに毎年応援に出ていく。

RIMG5725.jpg





スタートして10分くらいで到達する地点なので、走者は毎年団子状態で

あっという間に目標に向かって過ぎ去っていく。

[広告] VPS




去年という年もあっという間に過ぎ去った。

今年という年もあっという間にまた大晦日になってしまうのだろう。

何回繰り返すことができるのか。

どう生きるか ・ ・ ・ 


2018年 元旦

◆味玉

毎年ファミリー10人で家でやる大晦日と元旦の食事会。

J&Bは料理作りで忙しくなる。

今回の俺の受け持ちは白菜漬け、ローストビーフ、味玉、魚をさばいて刺身盛り合わせを作ること。




この中で味玉はシンプルだが一番難しい。

何が難しいかというと

ほど良い半熟に茹でること。

黄身の半分くらいはとろりとした半熟状態に茹でることがタレに漬けこんだ

後の味と食感を引き出す重要なポイント。


しかし、半熟具合をいつも同じように家庭で再現させるのは極めて難しい。

①玉子の大きさ

②一度に茹でる個数

③茹でる前の玉子の温度

④茹でるお湯の量

⑤ヒーター(コンロ)の火力

⑥茹でた直後につける冷水の温度や量(冷水に入れた後も内部は余熱で茹でが進行する)

などの条件が異なると茹で時間を一定にしても黄身の茹で上がり具合はちがってくる。

ましてや「半熟玉子の作り方」なんてレシピみてやっても、最初は大抵成功しない。

自分でやって成功したときの上記①~⑥の条件を忠実に再現することが成功率を上げる近道。



で、みんな味玉は大好きなので今回は30個作ってみた。 

RIMG5717.jpg




タレに漬けこんで5日目。

試食してみる。 

カットしてはじめて半熟具合の出来不出来がわかる  ・ ・ ・ 成功!

うま!!

これで明日の大晦日にはテーブルに出せる。 

RIMG5715.jpg



<レシピ>

①黄身が半熟の茹玉子(作り方は細かくなってしまうので割愛)

②タレ(玉子が十分に浸る程度の量) (数字は量の比率を示す)
   ・醤油: 3
   ・料理酒: 1
   ・みりん: 1
   ・水: 4
   ・すりおろしニンニク: 玉子10個に1粒
   混ぜ合わせ一度沸騰させて完全に冷ます。

③タレに殻をむいた玉子を入れ冷蔵庫で寝かす。(3日くらいでタレの味が黄身まで届く)
  賞味期限は少なくとも10日。(それ以上は経験なし)


<参考> 30個作ったときの材料費(大抵バーゲンで買う)

・Mサイズ玉子30個: 540円
・醤油: 330cc 56円
・料理酒: 250cc 45円
・みりん: 250cc 68円
・ニンニク: 3粒 150円
----------------------------
  合計 859円 (29円/個)

スーパ-で味玉を買うよりずーっと安く食べられる (^^


◆2017年釣行サマリー

【丸沼】

釣行回数: 36回

釣果合計: 652匹 (内、50cm以上は29匹)

大物賞: フライ部門 ニジマスとイワナ

yRIMG3471.jpg
RIMG4782.jpg


今年の7月にはサクラマスの成魚が大量に放流され、その後多く釣れた。

今年の産卵期(9月)を越えて生き残りがいるとすれば、来年のシーズン初めから

期待が持てそう。



***************************************************************************

【中禅寺湖】

釣行回数: 7回

釣果合計: 16匹 (ホンマス8匹 レイクトラウト3匹 ブラウントラウト4匹 ブルック系1匹)

yRIMG3564.jpg
<希少なブルック系>


ここ5年ほど中禅寺湖でやってきて、ようやくどうすれば釣れるのかということが

おぼろげながらもわかってきたような気がする。

来シーズンは中禅寺湖の釣りをより楽しむことができるかも。




***************************************************************************

【東古屋湖】

釣行回数: 9回

釣果合計: 173匹 (内、50cm以上は10匹)

RIMG5709.jpg


今年は夏の台風で濁りが続き、水位も低く、秋の大会以降はFFでは

釣果がとぼしい傾向が続いた。




***************************************************************************

【田子倉湖】

釣行回数: 1回/2日間

釣果合計: 8匹 (イワナ5匹 サクラマス3匹)

yRIMG3139.jpg
yRIMG3210.jpg
yRIMG3197.jpg
yRIMG3189.jpg


数十年前は4月の解禁からボートを崖から担ぎ降ろす危険な作業をしてまで

2ケ月間ほど毎週通っていた湖。

もうそんな無茶なことをする気も体力もないので来ていなかったが

実に懐かしかった。

来年もまた一度は行ってみようと思う。


**************************************************************************

【年間サマリー】

釣行回数: 53回/54日間

釣果総数: 849匹

プロフィール

天然釣人

Author:天然釣人
隅っこで幸せに生きていけたらいいな、と切に願う団塊の世代人

最近の記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR