◆野反湖釣行150929-4

前回丸沼での脇腹の痛みも治り、タタリのお祓いも済ませたが、

渓流をやらない俺はこの時期行くところがなくなる ・ ・ ・

水温からしてまだちょっと早いと思ったが、今年はまだ紅葉も見ていないしということで野反湖へ。


野反湖は距離的には丸沼よりも遠い(往復180Km)が、トータル経費が最も安くあがるし、

早く行って場所をキープするなんてことは考える必要ないし、水は綺麗だし、魚もブルーバックが

釣れることもあるくらいで綺麗だし、

ただ ・ ・ ・

数が釣れないことと、なんてったってアベーレージサイズがチッチャイのだ。


その野反湖へ6時過ぎに到着 ・ ・ ・   そしたら ・ ・ ・ (_ _;)

[広告] VPS



富士見峠の下で振ろうと思っていたが、この強風の向かい風ではとても振り切ることができない。

なんとか風が左サイドから吹く位置ということで、シラカバ淵へたどり付く。

RIMG2105.jpg


気温:8℃ (手がかじかむ)  水温:14.5℃   7:05開始

岸近くの表層は岸と平行に1m/10秒くらいで流れていくので、リトリーブ始めるとラインが弧を描いてしまう。

チッチャイのが何匹か乗るが、すぐにバレる。 相変わらずモゾォ~というアタリも多い。

そんな中、ようやく手応えある引きが ・ ・ ・

RIMG2103.jpg


しかし、9時までやるが何の魚信もなくなり、今日の終わりを感じてシラカバ淵を撤退する。

RIMG2106.jpg


綺麗な魚のかわりに綺麗な葉っぱがいっぱい。

RIMG2110.jpg
RIMG2108.jpg RIMG2112.jpg


もう帰ろうかと思いつつ車に戻ると、若干風が弱まったような感じがしたので、富士見峠の下に行ってみることに。

RIMG2116.jpg
RIMG2117.jpg


イカイワ駐車場に車をとめてテクテクと ・ ・ ・

RIMG2130.jpg


しかし、風が弱まったのは気のせいで ・ ・ ・

[広告] VPS



それでもようやく野反湖特産のマメニジを2匹ネットまで。 

これだって30~40cmくらいまで無事育てば、野反湖独特のブルーバックになるに違いない。 ガンバレ!

RIMG2122.jpg RIMG2126.jpg




これ以上この風に立ち向かう意味も感じなくなり、頭の中は昼飯&温泉が台頭してくる。

サッサとリールを巻いて、車へ ・ ・ ・

RIMG2128.jpg RIMG2129.jpg


ということで、まず尻焼温泉に近い「野のや」で手打ち蕎麦を。

自家栽培の舞茸の天ぷらが付いて千円でおつりがくる。

蕎麦好きな方なら、決して失望させることはない蕎麦だと思っている。

RIMG2136.jpg
RIMG2138.jpg


蕎麦屋の前がとうふ屋。

RIMG2140.jpg


とうふ屋で露天風呂の入湯券と鍵をいただいて ・ ・ ・

RIMG2141.jpg


白砂川の渓谷に面したなんとも表現しがたい「手作り露天風呂 - 京塚温泉」

RIMG2144.jpg
RIMG2145.jpg RIMG2148.jpg


午後3時過ぎには既に自宅で今日の新聞を読んでおりました。


◆野反湖釣行150629-3

シーズン前半の最後の釣行となるかな? の野反湖。

ちょっと癖になったかも。



午前6時30分   イカイワ駐車場に到着。

風が強い!   そして、寒い!  晴れているのに気温は9℃!

RIMG1515.jpg



出漁 ・ ・ ・

RIMG1517.jpg



白樺がまぶしい ・ ・ ・

RIMG1519.jpg



強めの風がダムサイト方面から ・ ・ ・

水温: 14.5℃  昨日からの冷え込みと強風で表層水温は若干下がったようだ。

RIMG1543.jpg



今日もロッドはWinstonn Boron ⅡX 13'3" 7/8。  前回久しぶりに使って思ったのだが、振り疲れを感じないのだ。

普段はWinston Boron ⅡX 13' 8/9 を使うのだが、ロッドの重さはいずれも軽量で6 3/4oz.(191グラム)と同じだが、

シューテイングヘッドの重さは、7/8が26グラムに対して8/9は31グラムと5グラム重い。 

このたった5グラムの差がヘッドをMAXスピードにもっていくために必要な運動エネルギーに大きな差異を

生むのだろう。

フックは前々回使って、案外バレが少なかったTMC100SP-BL #10のマラブーで再テスト。



でもって、いきなり ・ ・ ・

ブルーバック!

RIMG1521.jpg



ニジブタ沢で自然繁殖したような稚魚

RIMG1522.jpg RIMG1535.jpg

向かい風で25mほど飛ばすのが精いっぱい。

相変わらず、ヒットするのは立っているところから15~20メートル以上の沖合。

シューテイングヘッドがロッドに入って以降はアタリもない。

RIMG1524.jpg RIMG1525.jpg
RIMG1531.jpg


水位は先日よりも更に50cmほど上昇し、小さな沢も岸沿いに越すことがむずかしく、ランガンできる範囲が狭まる。

毎回のことだが、1000円で釣り人がほとんどいない美しい湖で存分に釣りができるなんて、考えたら凄いことだ。

RIMG1536.jpg



今日はいいサイズがくるような気がした(ただの願望・・・)ので、ネットも手作りの大型を持ってきたのだが ・ ・ ・

RIMG1539.jpg RIMG1541.jpg
RIMG1551.jpg

魚体はピンシャンなのに、なぜか茶色で緑系がまったくないやつ?  魚の色合いって何に影響されるのだろう?
RIMG1554.jpg




釣れなくなったので、一旦車に戻り、気になっていたダムの茶屋へ ・ ・ ・

RIMG1479.jpg



注文してみると、要はごっつい「すいとん」だ。

田舎育ちの俺には濃いめの味はいい!

大根、ニンジン、ゴボウ、キノコに ・ ・ ・

んっ?!

これ、なんだ??

これまで食べたことのあるもの、知識だけのもの、両方合わせても見当がつかない。

肉のような??  いやぁ~違うな。

どうしてもわからないので、店主に聞いてみた。

RIMG1559.jpg



すると、 「・ ・ ・、 ・ ・ ・ ・、・ ・ ・ ・ ・ です。 これで味が整ってるんです」

ハァ~!  俺、初めて食べた!

確かに、ここでしか食べられないだろうね、日本中探してもきっと。

看板に偽りなし、ですね。



で、午後の部。

いきなり風は真逆になっていた。  先日同様に富士見峠から吹き下ろす風だ。

こうなると天候が崩れる。

しかし、向かい風だった午前中にくらべても魚信は同じ程度にある。

RIMG1563.jpg RIMG1564.jpg
RIMG1565.jpg RIMG1566.jpg
RIMG1568.jpg RIMG1569.jpg RIMG1571.jpg RIMG1572.jpg
RIMG1573.jpg



前回もそうだったが、午後5時になるとパタリと魚信がなくなり、湖面もなんとなく静かになる。

17:15 納竿。

RIMG1574.jpg



<TMC100SP-BL #10での釣果>
①釣果: 19匹
②フッキング後バレ: 3匹 (手元でのバレなし。 バレ率:14%)
③アタリのみ: いっぱい

やはり、100SP-BLのバレは少ない気がする。 今度は丸沼で3791SP-BLを再度試してみることにする。

◆野反湖釣行150625-2

大きい魚を釣りたいと普段思う俺だが、前回の野反湖で小型ながら色彩が綺麗なニジマスが釣れることに

別の興味がわいてきた。

「綺麗な魚を釣る楽しみ」というのだろうか ・ ・ ・



今日は一人でまた野反湖へ。

午前6時過ぎ。  風は終日東南東(富士見峠⇒ダムサイトへ)の予報。

RIMG1466.jpg



シラカバ淵を目指す。

RIMG1478.jpg



しかし、水位が上がってシラカバ淵は立ち込めない。

RIMG1474.jpg


手前のなんとか立てるところで振ってみる。

今日のロッドは久々にWinston Boron ⅡX 13' 3"-7/8を使う。

フックはBLのテストということで、初めてとなるTMC3761SP-BL #10のマラブー。

水温 15.5℃  5日前にくらべ2℃ほど上昇した。

小さなライズもない。

しかし、やり始めるとすぐにきた。 ここのニジマスは大抵が背中が濃い緑色だ。 

RIMG1475.jpg RIMG1476.jpg



その後、1時間ほどねばるが、魚信なし。

前回もそうだったが、ねばればまた釣れるってもんでもないらしい。

戻ってニジブタやダムサイトの茶屋の下で振ってみるが、いずれも魚信なし。

先日は顔のあたりにムシがやたらに飛んでうざったかったが、今日はムシが全然いない??

そのせいかどうか、小魚のライズもない!

水位が高く、立ち込めるところもあまりないので、富士見峠側に移動する。



帰りに心臓破りの坂を上るのはイヤなので、車はイカイワ駐車場においていく。

レンゲツツジが真っ盛り!

RIMG1482.jpg



やはり、風は右後ろから。 峠の影になるので波もないが、不思議と水は動いていて、引き重りも感じる。

RIMG1485.jpg



すると数投目でカウント中にラインが引っ張られる。

続けざまに2匹。

ここの魚は15cmくらいの小魚を除けば、必ずといっていいほどジャンプしてくれる。 BLフックのテストには実に好都合だ。

それに、フッキング直後の瞬発力ある引きは、およそ実際のサイズを想像させない。

ジャンンプした姿を見て、アレッ??っと思うのである。

30cmもあればダブルハンドロッドでも十分ファイトを楽しめる。

RIMG1483.jpg RIMG1484.jpg



しかし、ここも後はパッタリ。  居ればすぐに釣れるということらしい。 数がいないか、すぐに見切られるかのいずれかだろう。

ということはランガンしかないということだ。

先日同様右まわりにランガン開始。 やはりこちらも顔の周りにムシがとんでこない。 うざったくなくていいのだが ・ ・ ・




そして ・ ・ ・  

!!   水中を青い蛍光色を放ちながら走る魚がかかった!

野反湖のブルーバックレインボー!  ヒレまで青い!

RIMG1488.jpg

写真を何枚か撮っているうちに、みるみる青の蛍光色があせてきてしまう。

結局最初に撮ったのが一番綺麗なものとなった。



釣れるところではすぐにくるが、1匹がいいところ。  往復3時間くらいかけて同じ範囲をランガンしてまわる。

RIMG1496.jpg RIMG1497.jpg


するとまた8割がたブルーバックになっているヤツが ・ ・ ・ 

RIMG1503.jpg


RIMG1511.jpg RIMG1513.jpg


ランガン2往復を終え、湖面も静か~になってしまったので、17:40 納竿。

RIMG1514.jpg



TMC3761SP-BL#10はTMC100SP-BL#10に比べ、バレが多いような気がする。

100SP-BLに対しゲイプが狭く、シャンクが長いのがそうさせるのか?  

それとも喰いが浅かったのか ・ ・ ・   もう少しテストを続ける。


それにしても、野反湖って ・ ・ ・   癖になりそう 


<TMC3761SP-BL#10での釣果>
①釣果: 10匹
②フッキング後バレ: 5匹 (バレ率33%)
③アタリのみ: 10~15回くらい


今日、新に見つけた野反湖の花

RIMG1468.jpg RIMG1469.jpg
RIMG1472.jpg RIMG1470.jpg

そして、ムシ ・ ・ ・
RIMG1471.jpg




◆野反湖釣行150620-1

今日はHさんと今シーズン初めてとなる野反湖へ

午前6時前 小噴火の噴煙を上げる浅間山 ・ ・ ・ 絶景!

RIMG1418.jpg
RIMG1420.jpg



午前6時8分 

天空の湖、野反湖を見下ろす。

RIMG1421.jpg



釣り場としてのここの美しさは最高だ。

水温: 13.5℃

RIMG1423.jpg



ただ、この好天は釣りにはむかない。

今日は早々凸を覚悟する。

しかし・ ・ ・

意外に早くその答えは出た。

RIMG1425.jpg RIMG1426.jpg
RIMG1428.jpg
RIMG1429.jpg



時計まわりに移動していく

RIMG1431.jpg


小さいのが釣れる

RIMG1433.jpg


ココの天気は予想がつかない。 ここに来るときは、晴れ、雨、風に対する準備が必須だ。

あれだけ晴れていたのに ・ ・ ・

RIMG1434.jpg


そして、大粒の雨 ・ ・ ・

RIMG1436.jpg


そんな中、マラブーからソフトハックル(100SP-BL#12)に替えると、とたんに綺麗な小物がくる。

RIMG1438.jpg RIMG1440.jpg
RIMG1442.jpg RIMG1443.jpg
RIMG1445.jpg RIMG1447.jpg
RIMG1448.jpg RIMG1449.jpg
RIMG1450.jpg


雨が止む様子もなく、15:30 納竿とする。



今日は前半が100SP-BL #10フックのマラブー

RIMG1427.jpg

後半は同じく100SP-BL #12のソフトハックルだったが、フッキング直後にバレたことは数回あったが、

手元や取り込みの段階でバレたことは一度もなかった。

BLでもフックサイズが小さいと(俺にとっては#10や#12は小さいサイズなのだ!)バレにくいのかもしれない。


しかし、こんな綺麗な釣り場はめったにない。  遊漁料も千円ポッキリだし。

心もおおらかになれる。 

欲言えば、ブラウンの稚魚もお願いできたらと ・ ・ ・ 



で、今の野反湖の花はというと ・ ・ ・

RIMG1452.jpg RIMG1453.jpg
RIMG1456.jpg RIMG1460.jpg RIMG1462.jpg RIMG1464.jpg
RIMG1465.jpg



<100SP-BLでの釣果>
①釣果: 14匹
②フッキング後バレ: 4~5匹 (ただし、手元にきてからのバレは無し)
③アタリのみ: 沢山(魚が小さすぎてフッキングに至らずが多い)





◆野反湖釣行141011-1

連休初日、今シーズン初の野反湖

Hさんに同行する。

IMGP7628.jpg



遠くから大勢のアングラーが、「天空の湖」の岸辺に、早朝からたたずんでいる。

IMGP7635.jpg



空は抜けるようなブルー

IMGP7634.jpg





しかし、その天空の湖の現実とは ・ ・ ・



ラインを飛ばすどころか、強風の抵抗を受けて、ロッドを振ることすらままならず、 

3人、5人と撤退の集団が弁天橋を駐車場に向けて渡っていく。
 


我々は風を避けて、ニジブタの奥でやるが ・ ・ ・
                                                             【Hさん撮影】
PA110153.jpg



俺には、かよわいアタリが2回ほど ・ ・ ・

11:00 納竿とする。

気温: 14℃   水温: 13.5℃    風: ものすごい

本日釣果 : 凸




で、当然これで今日は終わるわけではない。

今朝6時前から、せっせと蕎麦を打っていたのを(Hさんが)見た六合村のぞば処で昼食。

(国道405号沿の花敷温泉近傍)

そば通の方にもお奨めできる納得の味!

舞茸天丼も、田舎風の濃くてコクのあるタレの味で、俺は美味かった。

IMGP7639.jpg



このそば処の向かい側に豆腐屋さんがあって、こんな看板がある。

豆腐屋さんを訪ねると500円/人で露天風呂のカギを貸してくれる。 (豆腐屋さんの所有の温泉ではない)

IMGP7640.jpg



車で白砂川へ下りて行って ・ ・ ・

IMGP7641.jpg



橋を渡ってすぐに左に入っていくと ・ ・ ・

おぉ~!

なんとも言えない、趣のあるたたずまいの露天風呂があるではないか!

右が男湯、左が女湯だ。

もちろん、管理人などいない無人風呂だ。

IMGP7642.jpg



ここに入浴券を入れてから入るよう、豆腐屋から説明を受けている。

IMGP7643.jpg



そして、中は ・ ・ ・

すばらしい!!!

白砂川の絶壁を前面にした絶景ポイント!

IMGP7644.jpg



流れ落ちる豊富な源泉の滝 ・ ・ ・     

IMGP7647.jpg



滝底には魚は寄り付いていませんが ・ ・ ・

IMGP7650.jpg



入浴後はカギを豆腐屋に返す。

ということで、この露天風呂は常に「貸切」ということがわかった。

あと重要な点は、豆腐屋が閉店すると入浴できないってこと。

つまり、野反湖の夕マズメをやってくると間に合わない。 (いままでそうだった)





ということで、今日はまだまだ終われない ・ ・ ・

俺は初めてのバラギ湖

IMGP7653.jpg



西も東もわからなかったが

ニジマス数匹と、今期から入れたというこんなのが ・ ・ ・ (ちと痛々しい感じ)

IMGP7656.jpg



営業終了の17:30までしっかりやって ・ ・ ・

IMGP7662.jpg




まだ、今日は終わらず

再び ・ ・ ・    「湖畔の湯」

IMGP7668.jpg



夕飯で、俺は動物性蛋白質を補給し、

IMGP7663.jpg



ようやく、盛りだくさんの一日が終了した。





野反湖釣行130706-3

野反湖の飾らない自然と美しさに魅かれて行ってしまうのは俺だけではないようだ。

今日は、おねだりミカンさんのご家族が是非とも野反湖でキャンプを、ということらしい。

だからというわけではないが、俺もまたまたココへ。



さて、今日はこの時期の早朝はどうなのか? という疑問を解明しようと

ドライフライもしっかり巻いて準備。

頑張って5:30にポイントに立つ。 (もう早朝じゃないか・・・汗 )

水温16℃ (2週間前は1週間で3℃も上昇したが、この1週間の水温上昇は無し! 自然は不思議だ)

天空は曇りで生暖かい風が強い。 もちろんライズもなくドライはムリとみて、引っ張りでスタート。

IMGP3575.jpg



ロールキャストで手前から探る。

2投目。 リーダーがロッドティップにかかるまで引き込み、

リトリーブを終えロッドを持ち上げた瞬間!

ガッガッ!

目の前で50cm前後の銀色の魚体が2、3回体をくねらせたあと横っ走り・・・・・!

ビヨヨ~~~ン!?

フライが飛んできて帽子に 「パシッ!

・ ・ ・ ・ ・ 


痛恨のフックアウト。

あわせができなかったため、フッキングが浅かったことが敗因。

それにしても、最初から来るとは思っていなかった。

油断というか無造作というか、それも敗因。



普通なら、よーし! 今日は魚がいるぞぉ、なんて思うのだが、なぜかそんか気にはなれなかった。

『ひょっとしたら、このポイントで唯一無二の魚だったのでは・・・・』


予感は的中した。

12:00まで場所を替え、ドライフライも試みてやったが、何処にいっても魚信なし。

だいいち風が止んでもあの小魚のライズさえもほとんどない。

引っ張りも今日は7/8のロッドでシューティングヘッドはF,SI,Iと手を替え品を変えたが

何もなかった。

午前の部を終え、習慣になったお昼寝 

IMGP3579.jpg



13:30 午後の部開始。

状況は午前と変化なし。

と、来ちゃった!

魚ではなく、おねだりミカンさんの御一行様。

そして子供は水辺に来ると必ず石を投げたくなります。 

IMGP3584.jpg


ココの早朝の様子もわかったし、魚も多いが(?)人も多いといわれるニジブタワンドに行くことに。

おねだりミカンさんが出兵の様を写真にと。

IMGP3588.jpg


ニジブタワンド。風影で水面静かだがライズない。 

IMGP3577.jpg


けど、成魚放流モノがきた。シラカバ淵あたりでくるこのサイズよりは引きが弱かった。

IMGP3578.jpg


16:00 風も弱まり地合いと思われるが湖面全体にライズが少ない。

先週から比べると虫も飛んでいない。

今日はこれで納竿。

おねだりミカンさんのロッジを訪ね、スカイをいただいて帰ることに。

念のため、高台からシラカバ淵~ニジブタワンドまで双眼鏡でライズの様子を観察したが

シラカバ淵はライズらしいライズ無し。テン場あたりで小ライズ。

あとはド真ん中で時折いいライズが見られる程度。

安心して帰路につく。



今週はレンゲツツジもすっかり花を落とし、かわってノゾリキスゲなどの花々が

湖畔の模様替えをしていた。

IMGP3591.jpg IMGP3592.jpg

IMGP3595.jpg IMGP3597.jpg


花も自然なら魚も自然。 日々刻々と変わっていくんだろうなぁ。





<今日のまとめ>

教訓: 静かぁ~に、そぉ~っと。 そして、最初から「来る!」という心の準備を。

走行距離182km  平均燃費13.4km/ℓ
  


テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

野反湖釣行130629-2

先週に続き今日も野反湖へ。

今日はOさん欠場なのでHさんと同行。

6時ころ駐車場に着いたが、土曜日であるにも関わらず、一台も車なし。

(ということは先には誰も入っていない、ということになる)

天空は晴れているようだが霧が立ち込み、すばらしい景観。

いつになく、ゆったりの余裕モードで歩き出す。

IMGP3538.jpg

先週よりは気温は高い。ここのところの天候からして水温は先週より上がっても1℃くらいだろうと、

たかをくくっていたがなんと16℃! いくら温度計を水中につけていても16℃・・・。

先週は13℃だったので、3℃も上昇した!

(自然の営みをあなどってはいけないなぁ)


魚信のほうもいまいち。 軽いアタリが二回ほどあったのみ。

先週とごろっと湖の様相が変化しているのが感じ取れる。

Hさんもかんばしくないとのことだが、それでも魚をGET!

IMGP3539.jpg


俺は何事もないまま、いつものまったりタイムがきちゃったので、いつものお昼寝 

IMGP3550.jpg


薄着のまま寝てしまったので、寒さで目が覚める。

午後も良い時間になってきて、風もあっちこっちから吹いてくれるが、まったく状況変化なし。

意を決してその場を去り、遠くへの旅に出ることに。



遠征に出かけると、近くで投げていたWハンの方が体を後ろに反らせてじっとしたまま・・・。

近づいてみるとロッドは沖に向かっていっぱいに曲がっているではないか!

『かかったんですか?』

『ハイ。ガツンときていきなり走り、もう40mもバッキングもっていかれてるんです』

(これは、見とどけなければならないな)

俺もつい興奮して、

『慌てずに慎重にやってください!』 なんてお節介なことをつい口走ってしまう。

相撲でいう「がっぷりよつ」状態が相当長く続いた後、少しづつ寄ってきた。

グリーンの湖水の底から白っぽい魚体が見えた時、遠くではあるがその大きさは

ゆうに70オーバーはあることが容易にわかる。

ネットは小さいのしかないとのことなので、今日は持ってきた俺の特大ネットを貸すことに。

ドキドキ!  ドキドキ!  ( 俺が興奮してどうする! バカ! )


・・・

・・・

・・・


俺も過去見たこともない巨大錦鯉だった。

体長:84cm  体高:24cm  重さ:ネットが壊れそうで持ち上げられなかった

IMGP3559.jpg



野反湖では巨大鯉も釣れることがある、ということを学んだ。


今日は暖かく、水温も高いので、夕まずめは遅い時間までとの憶測から遠征を続行。

おかげでようやく魚らしい魚をGet. 放流モノだが、アタリはけっこうなものだった。

IMGP3563.jpg

あと、こんなのが2本。

IMGP3566.jpg


しかし、ここの湖はきれいだネ。

ブルーバックが育つのもわかる気がする。

IMGP3567.jpg


この環境がずーっと継続することを願わずにはいられません。



テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

野反湖釣行130622-1

たぶん・・・

20年以上も前だが、一度だけルアーキャスティングで野反湖にきたような気がする・・・。


今日は野反湖FF初釣行。 釣り方も知らなければポイントも知らない。

でも、今日はそこを周知しているHさんとOさんにくっついて行けばよいので悩む必要なし。

ドライフライでやるとのことなので、一応自分で巻いてみたが・・・

これ何の虫? 自分でもわかりませ~ん! (笑)


ハイキングでは向こうの富士見峠からの写真が定番だが、釣りではここが定番かな?

IMGP3419.jpg


両氏にくっついてポイントへ。

20年以上前のオンボロSロッド#6を振るもラインが飛ばない。

ようやく体が思い出し、少しラインが伸びるようになったころには、フライが沈んで浮かない。

第一、歳とって目が悪くなったので、ちょっと遠くだとフライが見えない!

それでも、フロータント塗りまくって手前に浮かせると、

初釣行の初釣果。 記念なので写真UP

IMGP3425.jpg

しかし、フライはすぐにニンフのように沈んでしまうし、波間に揺れるフライを凝視していると

体が横に移動しているようで、船酔いになり、気持ち悪くなるし・・・

『あぁ~! ドライなんて面倒くせぇー!』

で、念のため持ってきたいつものWハンで引っ張るシステムに早々転向。


釣れなくても、こんな綺麗な湖でロッドを振ってラインを引っ張れれば気分は最高! 

IMGP3429.jpg


といいつつも、こんな大仕掛けにもけっこうアタリはあるし20~30未満の綺麗で元気なニジが

昼前に3本もきたので、釣りをしている気分が十分に味わえた。

こうなると、まったりタイムがやってきて、レンゲツツジのふもとで

IMGP3447.jpg


脚を伸ばして横になれば、高原の涼風が草花を揺らし・・・・秒殺 

IMGP3444.jpg



ン!

顔に落ちる雨粒で目が覚める。


午後の部開始。 水温13℃  風:ダムサイトから富士見峠方向へ 

相変わらず、近間では小さなアタリがあり、たまに30未満のがくる。

沖でまれに小さいがライズがあるので沖を狙ってフルキャストしていると

リトリーブを始めた直後に

ガツン!

チィィ------------------------

ドラッグを締めてもラインが出ていくスピードは落ちない

(あぁ! バッキングラインが半分になってしまった!  )

遠くで跳ねてるようだが、テンションの強弱で調整がきくような距離ではない。

しかし、運がいいことに敵は反転、岸に近づいてきてくれた。

Oさんにランディングネットを貸してくれるよう、無線で依頼。  ランディング!

(小さいのしか釣れないと思い、渓流用のネットしか持ってこなかった・・・(敗))

61cm。

目の瞼(?)が青い色をしていたのが印象的だった。

IMGP3455.jpg

IMGP3457.jpg

サイズとしてはこれ以上のものは他の湖で何度かあるが、Wハンドロッドでバッキングラインの

心配までさせられたのは今回が初めてだ。 (・・・いっぱい巻いててよかったぁ)



あと一本、ブルーバックとまではいかないが、こんなに綺麗なのは初めて釣ったということで

これも記念に写真UP。

背中が確かに青みがさしている。

そして手の指先が魚体の銀鱗に映っているのも印象的。

IMGP3454.jpg


今日はなんだかんだで、ドライで1本、シンキングの引っ張りで8本。

それになんといっても、素晴らしい景観と澄み切った湖水! 

全てが『ビギナーズ・ラック』としか言いようがない一日だった。

IMGP3464.jpg



帰りはやっぱり温泉! 草津湯畑の傍らに最近できたという「御座ノ湯」で。

P6220071.jpg


あとは夕飯食べて・・・

いつものように最後の難関、睡魔と戦いながら・・・。



<今日のまとめ>

天候:曇り/雨時々晴れ間  風:ダムサイトから富士見峠方向へ
水温13℃

教訓:①バッキングラインの大切さを初めて体験した。いざという時のためにMAX巻いておくことにする。

   ②平均値で物事を決めてはいけない。心はどこかでいつも平均以上を求めているはずではないか。
    「準備」とはそうゆうことなのだ。
    次回からはネットは常に特大を携行することにする。ネットの場合「大は小を兼ねる」からだ。

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

天然釣人

Author:天然釣人
隅っこで幸せに生きていけたらいいな、と切に願う団塊の世代人

最近の記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR