ブリ大根を煮る

3月30日
某スーパーで格安の新鮮なブリカマに目が留まった。
・・・うちの大根がまだ畑に沢山あるなぁ

よし!シーズン最後のブリ大根を煮よう

畑から採りたての巨大化大根の下部4本と2パック596円のブリカマ
IMGP2602.jpg


まず大根を切る
ここでオレのこだわり:面取りは必ずやる
その理由:①出来上がりがいかにもホッコリと煮あがっているようで美味しそうに見える
       ②煮反してもかき回しても煮崩れしない
そもそも食べ物は四角四面よりも丸っこい方が旨そうに見えるのだ
IMGP2603.jpg



ブリカマは適当な大きさに切って、しっかり塩をすり込む(これ大事)
IMGP2605.jpg



15分ほど放置してから熱湯をたっぷりかけて余分な塩を流しながら霜降り状態にする
これでヌメリと生臭さがなくなり、だしが出やすい状態となる(これ大事)
IMGP2607.jpg



大根をお湯で予備煮する。新鮮なら沸騰後5分、くたびれたスーパーのものなら
15~20分ほど煮てお湯を切る(できればペーパータオルなどで水気を拭き取る
とベスト)。煮ているとき、あくが浮いてきたら必ずとること(これ大事)
IMGP2608.jpg



次は煮汁を作りブリカマを煮るのだが、今回の量からして・・約8人分とみて・・・
・だし汁1200cc(お湯にだしの素を溶かせばよい)
・酒400cc
・みりん200cc
・醤油200cc
・砂糖大さじ8はい
これに適当量のショウガを薄切りして加える(多めが美味しい)
湯通ししたブリカマを加え約15分ほど煮る
それから再び
・酒400cc
・みりん大さじ8はい
・醤油大さじ8はい
・砂糖大さじ4はい
を加える。
最初から加えればと思うかもしれないが、理由はオレもわからないが
こうした方が確かに美味しく仕上がるのだ
IMGP2609.jpg



5分ほど煮たら、ここでようやく湯切りした大根を加えて弱火で30分ほど煮る
そしたら再々
・みりん大さじ8はい
を加えさっと沸騰させる ハイ!出来上がり
IMGP2610.jpg



小鉢にもれば酒の肴に最高~
IMGP2613.jpg

ウチはカミさんと2人だけなのになぜこんな量を作ってしまうのか?・・・
それは
あと8つの口がごく傍らに介在しているからだ
決してあまることなどないのだ・・・・・・・・・・
(完)

テーマ : 料理
ジャンル : 趣味・実用

銀山湖で釣れるサクラマスとイワナの全体像について

「銀山湖では大型のサクラマスやイワナはいつころどのくらい
釣れるのだろう?」
IMGP0371.jpg



というシンプルな設問に応えるのがこのページです。

収集したデータは船宿のHP上とわずかな自前の情報ですので
当然全部はひろっていませんが、銀山湖の全体像を表している
ことは間違いないでしょう。
なぜなら釣り人のほとんどは船宿の船を借りての釣りだし、
船宿はお客が大物を釣れば必ずHP上に載せるからです。

【データの範囲】
1)1998年~2010年の13年間に釣り上げられた
2)サイズ50cm以上の
3)サクラマスとイワナ
4)釣り方はトローリング、ルアーキャスティング、フライ
  (ベイトフィッシングは含まない)

【Fig-1】
■13年間に釣り上げられた50cm以上のサクラマス
 を1日単位で整理した
IMGP2594.jpg



【Fig-2】
■Fig-1と同様にイワナについて整理した
IMGP2595.jpg


【Fig-3】
■サクラマスとイワナの全体をサイズ別に整理した
IMGP2597.jpg


【まとめ】
■解禁当初とゴールデンウィークは竿数が多いことも数に影響している
■イワナは少ないながらも6月中旬以降も釣れるがサクラマスは激減する
■13年間で60cm以上のサクラマスは9本しか出ていないが
 イワナは55本出ている
 サクラマスの60cmはイワナの67cm相当の「価値」がある
 いずれにせよこのあたりのサイズなら「銀山の主」を釣り上げたと
 言っても差し支えないことがデータからうかがえる

■サクラマスは55cmから58cmくらいまで、イワナは55cm
 から60cmくらいまで数があまり変化していないが、その理由は
 想像してもわからない
■サクラマスは59cm以降、イワナは62cm以降急激に数が減少
 しているが、この辺がほとんどの寿命の限界ということか


それにしてもネイティブな60cm級を湖の底から引っ張り
上げてみたくはありませんか? 皆さん!?

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

春の菜園 - 一石二鳥の小松菜とチンゲンサイ -

3月末
今、我が家の菜園は菜っ葉ものでにぎわっています

小松菜の薹(とう)。これは売ってない。
IMGP2583.jpg



チンゲンサイの薹。これも売ってない
IMGP2582.jpg
小松菜とチンゲンサイを秋に栽培してあまった方、来春まで畑やプランター
をそのままにしておけるのなら、越冬させてみてくだい。
柔らかくて美味しい薹ができます。
味も食感も小松菜やチンゲンサイそのものとまったく別物で
まさしく一石二鳥ならぬ一根二菜です。

(以前TVで、千葉県では薹の出荷のためのチンゲンサイを栽培
 する農家があることを放映していました)

群馬定番のつみ菜
IMGP2584.jpg


などをかわりばんこに食卓に。



あと韮(ニラ)も成長してきた。
韮の採りたてはとっても甘いんです。
茎の切り口からはポタポタと甘汁がしたたるんです。
採ってもまたすぐに生えてくるので便利。
IMGP2587.jpg


あとはまだ大根が。ずいぶんと切干大根をつくり消費した
のですが、あまっちゃいました。
土に埋まっている部分はまだみずみずしく旨いです。
IMGP2585.jpg


ブロッコリーはポコポコできるし
IMGP2586.jpg


写真ないけどネギもある。

ジャガイモとタマネギ、ニンジンも植えてある。

4月にはいると夏野菜の植え付け準備をしなければ・・・
でも釣りのベストシーズンも始まっちゃうし・・・
ホント 忙しいんだから。


テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

銀山湖(奥只見ダム)で大型魚が釣れる水深

この研究結果の貢献度について言えば、私の貢献度は低い。
私はウェブやその他の情報をひたすら時間をかけてかき集め
保存し、まとめたにすぎない。
したがって数値は当然ながら銀山湖の全てを表してはいない。あくまで
情報として取り上げられたものだけに限られる。しかし、傾向は銀山湖を
代表するものと考えている。
CIMG0400.jpg


【Fig-1】
■①銀山湖にて2002年4月から2011年6月までの間で②レッドコアラインを
 用いたトローリングで③釣り上げられた45cm以上のイワナとサクラマス
 が④それぞれコアライン何色で⑤いつ釣れたかを示す
■表から言える特徴
 (1)解禁から5月下旬までは午前中の方が午後よりも2倍数が釣れるが、
    イワナとサクラの有意差はない
 (2)6月上旬から7月下旬では逆に午後のほうが午前よりも数があがり、
    イワナが多くなる。また夕方の表層かまたは深部(8色)の2層に
    分かれる
 (3)8月上旬から禁漁までは棚は6色~10色と深く、イワナだけで
    サクラはほとんど釣れない
■注記:コアラインの長さ(色数)が一義的に水深を表わすものでなく、あく
 までも目安。船の速度やコアラインの番手、先端負荷などで先端の水深は
 影響を受ける
IMGP2580.jpg

【Fig-2】
■時期、場所毎の水深と水温の関係を示す
■サーモクラインがよく表れており、Fig-1との関係が読み取れる

IMGP2596.jpg

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

田子倉湖のワカサギ接岸開始日が予測できる!

ワカサギが産卵のため、岸に群れはじめる・・・ワカサギの接岸を考えると、
湖の春の到来とある種の興奮を感じてしまいます。
CIMG0369.jpg


いきなりですが、田子倉湖のワカサギの接岸開始日は以下の一次方程式により
サクラやイワナの解禁前からかなりの精度で予測できるのです

Y=0.205X-17.06 (ただしX≦142のときY=12)
Y:4月1日から起算し、湖の何処かで接岸を開始するまでの日数
X:気象庁只見観測地点での3月15日から31日までの平均積雪深さ(cm)


結果系から説明すると以下の二つの図で済みます

【Fig-1】
■気象庁只見観測地点の'00年~'11年の3月15日~31日の積雪深さと平均値
■一次方程式の解(Yの値)
■観測や情報により実際にワカサギが接岸し始めた日にちと方程式から計算した日にちとの比較
IMGP2591.jpg


【Fig-2】
■気象庁の只見観測地点の'00年から'11年の3月15日~31日の積雪深さと
 実際の接岸日がかなりの相関があること
■相関関係を示す方程式
IMGP2598.jpg


接岸実績日と相関するのはどんなデータか?そのようなデータが存在するのか?
と、ありとあらゆる自然界データと比較してみた・・・気温、日照時間、気象、陰暦、等々々々
データの加重配分・・・・ぜーんぶ相関無し。
・・・そして2005年の夏
パソコンで相関図を作成するキーを叩いた瞬間、見事な相関図が示されていた。
鳥肌が立ったのを覚えている。

その後2006年から2009年までは方程式の解に自然界の結果がついてくることを確認できた
2010年以降、家庭事情や震災等で田子倉には仲間も含め足が遠のき、データ収集ができていない。

この結果に???を持たれる方、そしてもし田子倉でトローリングをされる方でしたら
その年の気象庁のデータを使い、得られた方程式の解から2日後に出漁してみてください。
おそらくロッドは終日ピクリともしないでしょう。
そして、耳を澄ますと・・・
どこからか「ジュボッ」というボイルの音を聞くことになるかもしれません(^0^)//







テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

東古屋湖釣行130328-2

一般道で行こうと前夜出発を目論むが、晩酌の誘惑にあえなく負け、
「早朝発高速道路」となる

それにもかかわらず通勤割引を活かそうと東北道大谷SAで時間調整
(〇〇暮らしは平日遊べるが高速料金が問題!)

前回は解禁前漁獲量調査(今年も当選した)だったが
いやぁ~寒かった(し、釣れなかった)。
今日はあったかいし気分も高揚、最初から船かりて
思う存分釣りするもんね(^0^)v

船着き場に立つ事務所のお爺さんいわく、
「ここからあの木に向けて投げると(魚が)固まって
 居るので入れ掛かりだよ」


(オレはキャンプ場前に行くことに決めてんの)
というわけで

天気:曇り 風:静寂/そよ風 水温:8.0℃

IMGP2567.jpg

キャンプ場前には6名ほどの立ち込みが
誰も釣れていないが、一人だけ小物をポツポツと
場所か技か?

IMGP2570.jpg


オレも30分ほどやるが魚信なし・・・と、

ックン! ウネウネ グネグネ!

IMGP2569.jpg

すると携帯電話が・・・なんと田子倉BWのMさんではないか
Mさんも今ココにいるとのこと! 偶然ですなぁ。

それから10時過ぎまでねばるが小物3本
寂しくなって事務所前でやっている(はず)のMさんに面会へ・・・なんと!
釣れているではないか! 

(ここで事務所のお爺さんの言葉が脳裏に浮かんだ)

まさにそこだったのだ。

浅いところなので早速ラインを替えて・・・と

釣れるわ釣れるわ しかも体に似合わずすごいファイトをしてくれる!

おもしれぇー!!


IMGP2573.jpg

久々に竿を振ったMさん

IMGP2574.jpg

60オーバーまで釣って大満足で早めのご帰還。

魚信もまれになってきたので
オレは(性懲りもなく)様子見に再びキャンプ場前へ
午前中の状況と変化なし 水温も事務所前と同様に8.0℃

安心して船の返却時間の午後4時前に事務所前にもどると「漁場」は
ボートでいっぱい(-_-;)
しかたなく立ち込み場所で突っ立て船があがるのを待つ

そして船が去った後、「漁場」では再び入れ食いのドラマが

5時終了までしっかりやって・・・

あ~ 今日はゲップがでるほど釣らせていただきました
Mさん、事務所のお爺さん、
ありがとうね

<今日のまとめ>
天気:曇り後晴れ
水温:8℃
風:静寂・微風
釣果:総数50本以上(うち大型3本)
走行距離:270.5Km
燃費:16.1Km/ℓ(高速90Km/h)
反省:船を借りれば釣れるってもんじゃない(わかってるって)







テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

天然釣人

Author:天然釣人
隅っこで幸せに生きていけたらいいな、と切に願う団塊の世代人

最近の記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR