RIO AFS シューティングヘッド Hoover の接合

新調したロッドのシューティングヘッドを揃えなければならないが、手持ちのヘッドで使えそう

なのは RIO AFS シューティングヘッドのHooverで8/9 520gr(34g)だけ。

IMGP3214.jpg


これを実釣に使用してみたが、風には強いものの、やはり重すぎる感があり、同7/8 460gr(30g)

を購入しようかどうかさんざん迷ったあげく、購入は止めて、カットして重さ調整することにした。


そう決めた理由は2つ;

①新たに購入すると、今持っている520grの使い道がまったくなくなり、無駄になってしまう。

②このシューティングヘッドの信頼性ある接合方法をイメージできたこと。


目標は34gをまずは31gまで軽くし、試投してみることに。

そのため、ベリー部を約40cmカットした。


同シューティングヘッド Hooverは沈み方が遅い仕様である。

これらに共通する点は比重が比較的軽い材質で構成されなければいけないが、たいていは

そのような材質の合成樹脂は柔らかく伸びが生じ、引っ張り強度が弱い。

このような不都合な点を克服するために、引っ張り強度を持たせ、伸びを生じさせない為に

コアライン構造をとる場合がある。

同シューティングヘッドはコアラインとしてPEラインのようなものを採用しているし、

Air FLO デルタシューティングヘッド クリスタルクリヤーのスローインタミは

コアラインとして、より強靭なファストインタミの材料を採用している。

RIO AFS シューティングヘッドのコアラインは細くフレキシブルなPEライン(のようなもの)

なので、コアラインどうしを結束することで機械的接合が完成するということになる。


コアラインをむき出しにするには、コアラインと外皮の樹脂はけっこうしっかりと癒着

しているので、5mm程度づつナイフで外皮に切れ目を入れて外皮を引き抜くようにする。

5mm以上でいっきに外皮を引き抜こうとしてもうまく抜けない。

IMGP3206.jpg



次はコアラインどうしを本結びで結ぶ。

IMGP3207.jpg

これだけで強度的には問題ないが、結び目には段差が生じるし、ここをPVCで埋めることにする。

まず結び目の部分だけにPVCチューブを被せ、さらにその上にラインの両端をまたぐように

もう一度PVCチューブ(縦に切れ目を入れて)を被せ、その上に熱収縮チューブを被せて

ヒートガンで熱溶着の要領でPVCを溶着させる。

IMGP3213.jpg

結合部の引っ張り強度はコアラインの結び目で保たれており、合成樹脂どうしの熱溶着よりも

安定かつ信頼できるものと考える。


で、仕上がったヘッドの重さは測定の結果30.8gと目標をほぼ達成。

(あ~ 早く試投にいきたいなぁ~!)

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

Pheasant

タイトルはPheasant(キジ)であるがテーマは「フライフィッシング」である


3年ほど前からである。

我が菜園にキジが姿を現すようになった。

昨年はツガイでよく散歩(おそらく食事)していた。

今年はものすごく大きくなった雄が毎朝、しかも早朝から

”ギェン ギェーン”

と俺のニックネームをへたくそな発音で繰り返し呼ぶのでうるさくてたまらない。

このところ、夏野菜の手入れに早朝菜園に向かうと、必ずといっていいほど

そのキジに出くわす。

IMGP3096.jpg


キジも俺を見慣れてきたのか、以前は50m以上は距離をおいたが、今では

20~30mくらいまで近づいても逃げようとはしない。

キジの逃げ方もわかってきた。

いきなり逃げ出すのではなく、まずは近くの物陰にツツッと隠れるのである。

そして、物陰から出て再び視野に入らないようにして遠のいていくのである。

これは不思議というか、さすがというか・・・凄い能力である。

例えば、障害物のない畑のジャガイモの葉の裏に隠れたりするが、

そっと近づきそこを見ると、もういないのである。

どうやって視野に入らずに遠のくことができるのだろうか?

IMGP3091.jpg

それと、キジは飛べるはずだが、飛んで逃げたところは一度も見ていない。

ひたすら走って逃げるのである。

2週間ほど前のことであるが、我が家の庭にまで侵入してきたことがあった。

その時、隣の放し飼いの猫に追われて逃げていたところを目撃した。

猫も速いがキジはもっと速かった。

猫に追われても飛ばないで、ひたすら走って逃げるのである。

IMGP3095.jpg


さて、ねぐらは何処なのか?

おおむね見当はついている。

我が菜園の西側にあるシノ竹の藪の中である。

猫などにつかまり、喰い遊ばれないよう、最後まで人生を全うしてほしい。

そして、シノ竹の中で静かに最期を迎えてほしい。


そしたら、朽ちて土に帰る前に、その美しく嫋やかな羽をもって

人間社会に更に貢献できるように俺がしてあげよう。




テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

丸沼釣行(大会)130522-4

昨日のHさんとの中禅寺湖釣行で疲れ果て、車中で熟睡していると

携帯電話の目覚ましコールが鳴る・・・・

と思ったら、今日参戦のOさんからの電話コールだった。

『ここにいるんだけどさぁ・・・オレ ロッド持ってくるの忘れた

・・・・



・・・・エッ! (・A・;)


あまりにも強烈な内容の電話だったので、いっきに目が覚めた。

しかし、Oさんはなんとラッキーな方だろう。

Oさんと俺は同じロッドを使用している。

そして、俺は昨日デビューしたばかりの新ロッドも持ってきているのだ。(Oさんはそれをまだ知らない)

Oさんには俺のロッドを貸すことで、全ての問題が一瞬で完全解決した。

(このあたりから今日のOさんの運勢がうかがえる)


水位が少なく、いろいろ悩んだが、S字スリットを狙うことで、ベストポジションに立ち込む。

5:30の号砲を待っていると、すぐ左側にルアーのグループの方が沖を目指して立ち込んできた。

俺のラインとほぼ直角に交差するので釣りにならないと判断、そこを去ることにした。

(このあたりから今日の俺の運勢がうかがえる)


Oさんの横に入れさせてもらうことで移動している間に5:30になってしまう。

一斉射撃開始!

IMGP3193.jpg

いつもそうだが、開始から1時間でほぼ勝負が決まる。

Oさんから10m離れたルアーの方には開始直後から大型が数本ヒット。

俺はヒットするもバレが続く・・・

そして、いつものように、あっという間に魚信が遠のく・・・


と、隣のOさんに最初のヒット。

スリムだが、サクラマスかと思うほどの緑色と銀色の2色で構成されたヒレピンのニジマス。

暫定計測64cm  今日の様子だと完全にエントリーサイズだ。

『オレ、生簀網も忘れた・・』

俺のストリンガーでOさんの獲物をキープ。(今日の貸し出し品はこれで2点)


Hさんもこちらに移動、しっかり釣っちゃうところなど、さすがですナ。

天気はいいし、やっぱり居眠りモード 

IMGP3195.jpg


で、12:00 大会終了!

表彰式です。

IMGP3197.jpg

そして・・・ 準優勝者・・・ なんとOさん!

・・・・・プッ!(笑) 準優勝の挨拶で「借り物釣り」を自ら暴露!

おめでとう!  Oさん

IMGP3199.jpg


で、俺は・・・


やったネ!!

・・・

・・・


オケラ




オデコ




ボウズ




帰りはお決まりの「いやしの湯」に。

いや~  楽しい2日間の釣行でした。


テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

中禅寺湖釣行-130525-5

不謹慎な話ではあるが・・・・

週末のチビ達の「強化合宿」が、選手の2/3がノロにやられたため、コーチ役の

俺は雇用破棄となった。

んでもって、釣りに行かせてもらえることになった。 V(^0^)V

当然、中禅寺湖。 (遊びを覚え始めた子供のように・・・「チゥウゼンジコやりたい!」)


そして、その中禅寺湖は満月・・・。

(ここで再度確認するが、満月の夜の翌朝は釣れないと言われている)

IMGP3181.jpg

しかし、今回は中禅寺湖のリーサルウェポンこと「一輪車」が登場する。

解説: 一輪車の車軸上に荷物の重心を重ねると、重量感はゼロに感じる。
    残るのは「転がし抵抗」のみ。(理工系の方なら容易に理解できる)

水でも酒で飯でも、ほしいだけ運べる。  重さはあまり関係ない。

IMGP3192.jpg

しかし、サザエさんではないが、今日もいい天気~

IMGP3182.jpg

しょうがないから、早めの朝飯だもんね。  (変わり映えしないメニューだが)

倒木に苔が生し、山野草が花をさかせ・・・・  日本の”わび&さび"の世界だね。


IMGP3184.jpg

しかし・・・

釣れないネ・・・・・・・・・・・・

Hさんからは開始早々「釣れた」「来ました!」という無線が入るし・・・

俺のところ、風こないから・・・

風と満月のせいにして・・・・

それじぁ・・・風当りの強い裏側へ・・・・・



押し寄せる波に洗われるブレークラインの手前あたりに針がきたと思われるころ・・・

ググッ!

そして、その直後

バチバチバチ!

黄色い魚体がジャンプ

そして、またジャンプ・・・・

最後にもう一回ジャンプ!

(ジャンプは一回だけでけっこうです。お願いだから!)

・・・ 45cmのブラウントラウト

IMGP3188.jpg

中禅寺湖って不思議だ。

一本釣るとなんとなく達成感のようなものがわいてくる。

つつじの下の腐葉土のベットに横たわると五月の風が頬を撫でて

あっという間に熟睡 

IMGP3190.jpg


Hさんからの「消息確認」の無線が入って眠りから覚める・・・

       え!? ココは何処?? 俺は誰??


今日は新なロッド Winston Boron ⅡX 13' 8/9 のおかげで風に立ち向かう気になった結果

の釣果であったと感じた。


それにしてもHさん、さすがだね。 今日の釣果は。

伊達に時間とお金を中禅寺湖にかけていないですナ。


18:00までみっちりやって

日光・やしおの湯につかり、ネギ味噌ラーメン&チャーシュー丼&ギョーザを食べ

今日最後の難関である中禅寺湖から丸沼への移動。

睡魔との壮絶な戦いを繰り広げ、やっとの思いで

丸沼に到着(危なかった)。

とりあえず  寝よっと・・・

明日は丸沼釣り大会!



 

テーマ : ♪♪生活を楽しむ♪♪
ジャンル : 趣味・実用

中禅寺湖釣行130522-4

いろいろと事情が重なり、奥利根湖へ行くはずが中禅寺湖となった。

地元関係者によれば、今年は国道側がかんばしくないので、この前の土、日曜日で

延べ400人が山側に押し寄せ、八丁出島から手前はかき回されていて、

阿世潟あたりまで行かないとダメだとのこと。

聞きたくないことを聞いてしまった・・・ (・_・;)

砥沢岬から奥はまだ行ったことのない未知の世界だし、まだ暗いので不安。

平日なのに駐車場はいっぱい。

意を決して、キャスターをころがしながら奥へ行くことにした。

IMGP3132.jpg

イヤな予感がするときにはイヤなことが起きる。

キャップライトが突然消えて、あたりは真っ暗!

IMGP3134.jpg

ライトのバッテリーがなくなったのだ。

昔の(今でもあるが)フィラメントの電球だったら線香の灯りくらいになっても使えたが

今やLEDである。バッテリーの電圧があるところまで下がるといきなり機能しなくなる、

つまりいきなりパッと消えるのである。

やだねぇ~ ON-OFFのデジタル社会って。 昔ながらのアナログ社会がいいなぁ。


暗闇を目を凝らしながら行くと八丁出島手前あたりで薄明るくなり、不安と緊張が解ける。

IMGP3135.jpg


八丁出島を過ぎて小寺まで行くと明るくなり、既に先客の方々がしっかりと振られているのが見える。

そうなるといきなり落ち着かなくなり、

もうココでいいや! やろやろ!

IMGP3137.jpg

今朝もベタ凪・・・

「風を見てポイントを選べ」と師匠に言われてきたが、その風がなければどうやって選ぶの???

しかたないので、ベイトフィッシュがいっぱいいるあたりでしよっと。

IMGP3141.jpg

しかし・・・

小寺ケ崎の両側やるが反応なし。

8:30過ぎに西風が吹いてきた。 八丁出島の岸に風がぶつかる。

で、そそくさと移動し、ラインのシンクレートをあげて振り倒す・・・・

ほとんどライズも見えない。小寺のワンドで振ってる数名の方々もかんばしくない様子。

疲れる?  疲れる???  そうだ!  朝っぱらから歩いてきたんだ。

飯だけはいっぱい用意してきたので、朝食タイム

(今日はこうゆうネタの写真しか撮れないかも・・・)

IMGP3149.jpg

12時まで振り倒すが、食う気がないことが如実に伝わってくるアタリが一回あったのみ。

このままここで夕まずめを迎えるか・・・ 

アッ! キャップライトがダメなんだ! 

遭難しないうちに車まで帰らなければ・・・

いつ?・・・・

今だな、お昼寝タイムを使って帰ろっと!

(それでまたこんな写真しか撮れない)

IMGP3151.jpg

戻りながら立ち込んでる方々に声をかけて尋ねると、ほとんどの方が今日は不調とのこと。

お祭り終わっちゃったのかな?

ま、釣れなくても、こんな綺麗なところで遊べるだけ幸せですな。 俺なんか。

(またまたこの手の写真しか撮れない)

IMGP3152.jpg

歌ケ浜第二駐車場の奥が木立で日陰になるので、そこに移動し、お昼寝。

先日釣ったレイクが14:30に釣れたので、目覚ましは14:00にセット。



午後の部:

もしやもしやで・・・ 「岸壁の母」の心境で先日のポイントに立つ。

風も先日と同じ方向

西陽が左頬をじりじりと焼く頃・・・

まだ神様がいたぁ~!

IMGP3154.jpg

3日間で1cm成長し、52cmになったレイクでした。


往復2時間の徒歩の疲れと、安堵感が ドッと吹き出し

今日はこれで・・・

お終い!  16:00


次は丸沼の大会  帰りがてら、チョット下見に。

放流されたお魚達は・・・

立木の流れ込みに集まるか・・・?

IMGP3161.jpg

それとも「S字スリット」に集まるか・・・?

IMGP3163.jpg

あるいは、水の流れがようやくできた四朗沢流れ込みに集まるか・・・?

IMGP3164.jpg

はたまた、牛舎後を回遊するか・・・?

IMGP3165.jpg


<今日のまとめ>
朝気温13℃ 水温10℃ (小寺ケ崎)
特記事項:キャスターはだめ。あの道と荷物の容量を考えると一輪車がBEST!(要準備)
釣果:レイクトラウト1本
・フライ:簡単マキマキマラブー #10/オリーブ
・ ティペット:シーガーグランドマックス1.5号


テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

中禅寺湖釣行130519-3

人生4回目、今年3回目の中禅寺湖釣行。

ここではまだ何も釣れていない。

昨日、Oさんが大漁旗を立てて帰還した湯ノ湖を見て見ぬふりして中禅寺湖へ。

4:30現地到着

山側の一番奥の駐車場及び路肩は車がいっぱい! 岸も奥から本栂まで人がいっぱい!

仕方なく、歌ケ浜駐車場に止める。

立ち込めるのはこの辺しかない

IMGP3103.jpg

実は注文していたロッドが2ケ月以上も早く入荷したとのことで、リールを新調した。

ついでに海の漁師が使うようなタモしかないのでネットも新調してしまった。

ということでリールとネットは今日、中禅寺湖デビューとなる。

IMGP3102.jpg

一度も釣れたことのない場所で何をどうしたらいいのか、確信を持てないまま投げ続けることは

強い精神力が必要で、大変疲れるということがわかった。

しかし・・・  

始めて30分  5:40

そこに神様がいた

IMGP3104.jpg
IMGP3106.jpg

43cmのレイクトラウト!

中禅寺湖での初めての釣果

こうなるといろいろと確信できることが増えてくる

IMGP3116.jpg

しかし、ベタ凪状態に・・・・

風くらい吹いてよ!  雪にならなければいいんだからさぁ!

IMGP3108.jpg

休憩モードに入り、「中禅寺湖必携グッズ」を試すことに。

IMGP3118.jpg

スポンジマットに横たわれば、そこはまさに天国 (-_-)

IMGP3121.jpg

ん!?  にわかに風の音が・・・ 北東の風に乗って雲が湖面を流れる・・・

よし、やろう!

IMGP3114.jpg

そして・・・ 14:30

まだ、もう一人の神様がいた

IMGP3123.jpg

51cmでした。

俺にとっては超出来過ぎ!

手前で、頻繁にライズするヤツの正体も掴んだ(なかなか反応してくれなかったが)

IMGP3129.jpg

これまでキールマラブーに執着してきたが、フックを手曲げで整形しているため、1.2号のティペットが

切れる前に針が伸びてしまうとか、いまいちフッキングがよくない。

水底を攻めるには針は消耗品と考えることにした。

その方が、少ないチャンスをより確実にものにできるような気がする。

おかげで、今日のフライのロストは12本。

しかし、2本目のレイクなどは俺が作ったキールではフッキングできただろうか?

フッキングしても最後まで針は伸びなかっただろうか?

と考えると、これでよかったのだ、とも思える。


16:30

男体山に雨雲がかかってきたので撤収とした。

今日はこれで十分だ。

帰りに湯ノ湖の様子など。(滝上は若干濁りが入っている様子?)

IMGP3131.jpg


さて、次は丸沼の大会か。

その前に奥利根湖でエンジンの錆落としもしなければ・・・


<今日のまとめ>
朝気温9℃ 水温8℃
昼気温14℃ 水温8℃
風:静寂/北東の風
・簡単マキマキマラブーの#10オリーブはレイクトラウトにも使えることがわかった
走行距離220Km 平均燃費13.8Km/ℓ  (金精峠経由)

テーマ : ♪♪生活を楽しむ♪♪
ジャンル : 趣味・実用

銀山湖釣行130515-3

今期、銀山湖へは2回/延べ三日の釣行をしてきたが、いずれも

雪中釣行
となり、春の銀山湖での快適な釣りはできていない。


年に一度はあのワカサギの群れを見て心おどらせ、ムーチングで釣る

という「行事」をやらずにはいられないことから、天気予報とワカサギ情報を

にらみながら、丸沼釣行に続き満を持しての銀山湖釣行となった。


先週の雨と陽気で水位はいっきに増え、ゴミと雪しろが漂い、

ようやくこの時期の銀山湖らしい湖面となってきた。

桟橋も階段のほぼ真下まで上がってきているので昇降が楽そうだ。

IMGP3065.jpg

5:40 桟橋を出発。 天気晴朗 波風なし・・・・まさに期待した銀山湖の朝だ。

こういう日の朝一は釣れても釣れなくてもトローリングで流すことにしている。 気持ちがいいからだ。

IMGP3066.jpg


今日は、最初からワカサギを採取する予定で、桟橋から「イワナ街道」を進み、仕入沢突端をかすめ、

白板の岩上流部まで流すことにする。


仕入沢突端ではフライマンの方が気持ち良さそうにラインを飛ばしていた。

ボートでありながらウェーダーを履かれているということは、陸っぱりも楽しまれる

ということですね。  (いいですなぁ~)

IMGP3069.jpg


残雪の間から立つ山の木々もようやく薄緑色の新葉を枝先につけ、冬の間芽を覆っていた蕚や

花粉が湖面を覆う。

IMGP3071.jpg


予想通り、白板から上流部の岩場には10~20匹程度のワカサギの群れが30mほどの間隔で

いたが、魚にやられているのか、連日のワカサギ取りで掻き回されているためなのか、近づくと

すぐに潜ってしまい、そのような群れは一人ではなかなかすくえない。

しかし、中には今朝はじめて群れ出したような無警戒な群れもいたので、それらを狙って採取した。

IMGP3073.jpg

ホントにいい天気! 

ほとんど釣りをしている気分ではない。  時が止まっている・・・・。

IMGP3075.jpg


しかし、居れば釣れちゃう釣法なので・・・・

IMGP3077.jpg

あらかじめ、天気を予想し、日干し天ぷらにならないよう、強力UVカット+高強度傘骨の

「釣りボート用パラソル」を持参、実に快適な釣り?(ここまで快適性を求めると釣りとは言えないが)

を続ける。 

IMGP3080.jpg

しかし、4月末はこのような情景だった・・・・

IMGP2764.jpg



今日の釣行はセレモニーのようなもの。 しかもこの陽気。 暑!! 

ハードに魚を追い求めるなんて気力は最初からない。 

ワンドや突端はゴミや流木で糸が垂らせるポイントが少なく、ポイント探しが

面倒だし・・・・  パラソルの日陰は涼しい風が吹き抜け、気持ちいいし・・・
 

午後3時  釣りよりもワカサギちゃんの活動を見たくなり、水辺の散歩へ。   

朝採取していた場所のワカサギはほとんど見えなくなっていた。

一方、イワナ街道の岸にはスレていない群れがところどころにいて、簡単にすくえる。

魚に追われていない証拠だ。

試しに竿を出すが、予想通り釣れない。

全体に今年は魚が薄い感じもする。

ワカサギも十分群れてよい水温と時期であるが、これも出たり消えたりで

どこにいってもほぼ一日中見つかるというほどではない。

現に、いまだにワカサギを求めて湖を奔走しているボートがいるくらいだ。


銀山湖のワカサギ探訪も終え、口直しに30分ほどのトローリングで〆とする。

IMGP3082.jpg

4色のミノーにサクラマスが・・・(サクラちゃん ゴメン!)

IMGP3081.jpg

IMGP3083.jpg

銀山湖としてはこれ以上にない好天に恵まれ、まさに雪辱を果たしたということで

今シーズンの〆にふさわしい一日だった。

俺にとってのフィールドの一つがようやく幕を閉じた。


さて! しばらくは中禅寺湖と丸沼に集中できそうだ。(あと、湯ノ湖もあるなぁ)



<今日のまとめ>
朝気温13℃ 水温10℃ (桟橋付近)
昼     水温14℃ (南沢付近)
・ムーチングでの釣果とぼしく、魚影が薄い感じ
・濁りは若干増えた感あり、ダムサイト付近は変化なし
・ワカサギの出方が薄い。 これからか? それとも今年はこうなのか?
釣果:イワナ2本(ムーチング) サクラマス1本(トローリング)




テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

ニラ茎のめんつゆ漬け

種から植えて2年目のニラがいっぱいできた。

IMGP3047.jpg


食べきれないので、ちょっと贅沢な使い方をしてみることに。

これ、TVでニラの農家が美味しい食べ方で紹介していた。

IMGP3049.jpg

IMGP3050.jpg

よく育ち、1株でスーパーで売っているニラの4束程度の量。葉も大きい。

IMGP3052.jpg


IMGP3054.jpg

茎を1~2mmに輪切りするのだが、あくまでも茎の部分だけで、葉の部分の手前で止める。

葉を入れると舌触りが良くなく、せっかっくの茎の甘さを消してしまう。(経験談です)

IMGP3055.jpg

茎のめんつゆ漬けを作ることが目的なので、あまった葉の部分はいらない・・・

こんなに沢山葉っぱ(いわゆるニラ)があってもったいないが・・・

ということで、ある意味、贅を尽くした料理(?)であるのだ。

IMGP3056.jpg

贅を尽くしたというわりには、後はファストフード並みの簡単さがおもしろい。

IMGP3057.jpg

そして・・・

IMGP3058.jpg

そして・・・

IMGP3059.jpg

一昼夜、冷蔵庫にねかせれば・・・  ハイ! 出来上がり!

小皿に盛れば、酒のお通しに 粋だねぇ~ 

IMGP3061.jpg

あと、あったかご飯のおかずに

あと、冷奴にのせて

あと、納豆にまぜて

など など ・・・


テーマ : 料理
ジャンル : 趣味・実用

丸沼釣行130509-3

このところ5連続で雪中釣行が続き、もうゴメン! ということで

天気予報と天気図をにらみながら、満を持して今日出撃!!

5:00水辺に立つ

・・・晴れたら晴れたで・・・  放射冷却だし 

IMGP3014.jpg

無風だし  

IMGP3016.jpg

気温2℃ 水温6℃

水底が良く見えていいが、魚がいないこともよくわかる。

牛舎後で1時間やるが魚信なし。

無風だが、水底は右から左へかなりの流れがある!? 春のターンオーバーが始まったか?

牛舎後をとりあえず諦め、四朗沢流れ込みに移動。 ようやく魚の姿を確認。

しかし、ここでも1時間以上ねばるが、ダメ。

1.5号のティペットを1.2号に替えてみたくなるが・・・いやいや

こういうのを釣るのが「技」ってやつですかね。 お別れに記念写真を・・・

IMGP3019.jpg

立木の方へ移動。 餌釣りの方が小ぶりを数本あげていた。

ここでも魚信なし。 魚影なし。

8:30 決心!  ボートだ! (悪い癖が出る)

ラインをファストインタミに替え、沖目を探るがダメ。風が沖へ向かって吹き出した。

もう、アソコしかない。

追い風を受け、モーター全開で毒蛇の岩へ

風はほぼ直角に岸に吹き付け、波もいい感じだ。

前回、ここではダメだったが、Hさんがよかったので、Hさんが立っていた場所にそのまんま船を係留。

(釣りたければ釣れている人と全部同じにすることだ、とはHさんの教え)

投げる方向まで同じにすると・・・

ガクンッガクン!  11:30 今日初めての手応えだ。

IMGP3021.jpg

#10のフックには不釣り合いだがティペットを1.5号のままにしていてよかった・・・・!

IMGP3022.jpg

部門別大物賞更新となるサイズだったので、さっさとボート置き場へ帰還。

環湖荘公認69cmとのこと。 背中が茶色に変色しちゃったけど、蘇生して元気(?)に戻っていきました。

IMGP3027.jpg

風は相変わらず沖へ。

IMGP3029.jpg

もとの場所へもどると、今度は小さめのが。

IMGP3032.jpg

時はすでに「まったりタイム」へ突入。

カンカン照りに蒸れたウェーダーで体力を消耗する中、砂地の木陰に横たわれば

そこはもう、天国 

IMGP3034.jpg

熟睡後、満足感の中でいいかげんな釣りをしていると、サクラが2本。

フライ部門はサクラはまだエントリー無しだが、このサイズでは・・・

IMGP3035.jpgIMGP3044.jpg

そんなことしてると、お腹を空かした小鹿ちゃんが木の皮をあさりに水辺まで降りてきて。

しばし、小鹿ちゃんと無言の対話を。

IMGP3039.jpg

ほんのり気分になったところで納竿 18:05


<今日のまとめ>
朝気温2℃ 水温 牛舎後6℃ ボート置き場7℃
10:00毒蛇の岩9℃ 風:沖へ
・15:00から発電所放水始まり、水温が下がった(釣果も芳しくなかった)
・前回は毒蛇の岩では表層で釣れたが、今日は深めがよかった。
 沖目ではデカいのがもっこり、もっこり(狙ったがこなかった)
 ここはまだいる
・釣果:ニジマス2本 小サクラ2本
平均燃費14.1km/ℓ(燃費優先運転)






テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

BBQに招待されて130504

息子夫婦が恒例の竹の子狩りに行った。

いつもは処分に困るほどのおすそ分けをいただくのだが、今年は異常低温が続き、収穫は少なかったようだ。

それでも竹の子は採ったし、天気もいいしで、息子達夫婦にBBQに招待された。

うれしいねぇ、年寄を誘ってもらって・・・(俺は何にもしなくていいんだって!)

ファミリーが近くにいるってことはいいですなぁ

今日は美味しい焼肉屋さんのお肉を調達してきたとか・・・

IMGP2988.jpg

準備も進んでいるようで・・・

IMGP2977.jpg

いいねぇ こんな庭で・・・BBQなんて!

IMGP2979.jpg

チビどもの用意が先か・・・

IMGP2980.jpg

お肉を焼く煙がこれまたBBQを演出するねぇ

IMGP2981.jpg

オッ! もう食べてんのか

IMGP2983.jpg

IMGP2984.jpg

IMGP2987.jpg

IMGP2991.jpg

IMGP2992.jpg

BBQにはうってつけの天気・・・気持ちいいっス!

IMGP2994.jpg

IMGP2995.jpg

IMGP2997.jpg

IMGP2998.jpg

ご夫婦でツーショット

IMGP3001.jpg

こちらのご夫婦も・・・

IMGP3002.jpg

ようやく大人の時間がやってきて・・・

IMGP3004.jpg

IMGP3005.jpg

IMGP3006.jpg

IMGP3008.jpg

IMGP3009.jpg

IMGP3010.jpg


今日は、小さな、でも十分な幸せを感じさせてもらいました。

ありがたいことです。

これでいいんです。ふつーで。

我がファミリー 万歳! 

だね。



テーマ : ♪♪生活を楽しむ♪♪
ジャンル : 趣味・実用

銀山湖釣行130502&03-2

恒例のGWお泊り釣行にHさん、Oさんと

昨年は行けなかったが一昨年は雪にやられた記憶が・・・今年は?

あっはっは! 5連続の雪中釣行だぁ~!

Hさんは、今回はとことんフライをと最初から陸っぱりで

IMGP2917.jpg

Oさんも晴れたらフライでと、まずはフライでのハーリング

IMGP2916.jpg

俺はトローリングで

しばらくするとHさんから、あたりがあったとの無線が。 さすがです我々よりも早くフライであたりを得るとは

トローリングを始めて2時間、二人とも魚信なし・・・

そして仕入沢の岬を回りきった時・・・

ジィィィ----------------------!

きたぁ---!

慌ててロッドを手にしたときには緩めのドラッグとはいえ、既に1色ほどコアラインが引き出されていた

ガクッガクッと乱暴に引く  これはサクラマスだ! でかい!

最後まであがく魚の姿をようやく見ると・・・アレッ 大きくない!? スレか??

いやいや、しっかり口にくわえている

日頃、放流ニジマスをフライでかけている感覚に慣れていた自分は、ここで育ったサクラマスの

瞬発力の凄さを忘れていた

いっきに放出されたアドレナリンのおかげで、この一本で満足感が出てしまった

Hさんからフライでのオフタイムということで乗船の要請連絡あり

3本のロッドでトローリングを続ける

今度はイワナが   銀山湖でのコレが俺にとってどーしてもやめられない

P5020070.jpg

IMGP2920.jpgIMGP2924.jpg

雪は降りしきる・・・
IMGP2925.jpg


すると今度はOさんのロッドがしなる   綺麗なニジマス

夕まずめを迎え、Hさんは再び陸っぱりへ、Oさんと俺はトローリングの継続

小サクラと小イワナで夕まずめが終了  第一日目を終了とする

IMGP2928.jpg

そして、恒例の晩餐会

IMGP2939.jpg

IMGP2943.jpg

IMGP2949.jpg

そして、爆睡・・・・・・・

そして、第二日目

P5030084.jpg

3人でトローリング   1時間半経過、魚信なし・・・・

何かがおかしい?  百戦錬磨の3人にあたりひとつない!  湖に変化が起きている・・・

「きっとワカサギがわいたんだ!」

トローリングでは釣れないと判断、急きょワカサギ探しに

ワカサギが取れるかどうかで、今日の釣果が決まる

P5030088.jpg

ワカサギはいた!

しかし、まだ少なく深いのでムーチング用として確保するには難しい

Hさんは、すかさずフライに

我々はミノーでのハーリングに切り替える  想定通り、小さいがサクラマスが

そしてHさんもポイントを変える

Oさんもついにフライに転向

Hさんの一投目にいきなりヒット! スゲェッ!

ランディングネットを持っていくと  アッ  40オーバーと見られるイワナだった・・・

その後、俺は小イワナのみ

IMGP2954.jpgIMGP2956.jpg



Hさん達は片貝方面にポイントを移す

午後4時を過ぎて、ようやく2日間のうちで初めての晴れ間がのぞくようになる

釣れなくてもこうゆうところで流すだけで心が洗われる

しばし銀山湖の景観を・・・

IMGP2959.jpg
IMGP2963.jpg
IMGP2968.jpg

そして、山間の影に沈んだ銀山湖をあとにすることに・・・

P5030103.jpg

風呂は「白銀の湯」で、夕飯は小出の「どさん子」で。


<今回のまとめ>
気温・水温:測定する気にならず
天気:ご覧の通り
釣果:一日目4本 二日目2本
特記事項:ワカサギのわきはじめは、やはりルアーでのトローリングはダメということが再々確認できた
反省:この時期、ワカサギが完全に接岸してからでないと釣法も定まらず、釣果も期待できない
走行距離:309Km 平均燃費11.7Km/ℓ




















テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

天然釣人

Author:天然釣人
隅っこで幸せに生きていけたらいいな、と切に願う団塊の世代人

最近の記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR