◆NEWパターン

近所の100円ショップに生活用品を買いに出かける。

ふと、目にとまったもの ・ ・ ・

ヒモ。 108円(税込)。

yRIMG0967.jpg




たかがヒモのくせに

繊細なヒカリモノが節々に 

本物の虫だったら、触るのもおどろおどろしいが ・ ・ ・

yRIMG0971.jpg



もしも ・ ・ ・

釣れちゃったらどうしよう!!   この「ヒモムシ」。


(制作時間: 30秒/個)

◆丸沼釣行160927TUE-21

前夜に着く。

朝、起きるとBURANのかずおさんとそのお知り合いの方が支度中。


3人で流れ込み方面へ。

水温: 19℃ (今年はあったかい)

yRIMG0934.jpg


先週の結果を反映して今日もいろんなフライを持ってきたうえに、ロッドも2本用意。

yRIMG0935.jpgyRIMG0936.jpg


で、おっきいのが ・ ・ ・

先週、最後に60オーバーをネットに入れそこねたので、緊張する ・ ・ ・

(あ~ でっかいネットがほしい!)

今度はちゃんとすくって、61cm    大物賞にエントリーさせていただいた。

yRIMG0937.jpg



当然、一休み。

yRIMG0941.jpg



ふらっとスリット方面に。

今日は(まだ)魚が入ってきていない。

水位もけっこう下がっている。

yRIMG0938.jpg



もとにもどって ・ ・ ・

すぐに50cm。

yRIMG0942.jpg


綺麗なのが ・ ・ ・

yRIMG0943.jpgyRIMG0946.jpg


そんでまた54cm。

yRIMG0947.jpg


先週から牛舎跡方面でもライズが出るようになって、ちょっと気になっていたので

調査にと牛舎方面へ。

案の定、すぐにきた。

yRIMG0949.jpgyRIMG0950.jpg


しかし、牛舎跡はここまで。

戻って ・ ・ ・

55cm。 (食べたら美味しいそう!)

yRIMG0952.jpg



お昼になったので、

賞味期限が4ケ月過ぎたインスタントラーメンと

賞味期限が2時間過ぎたコンビニおにぎりと  ・ ・ ・

混ぜて煮たら、味なんかわかんなくなるから平気! (^^;

yRIMG0954.jpg



あとは、出島の樹の下でちょいと ・ ・ ・ 

yRIMG0956.jpg


あつい ・ ・ ・ (´Д`;)

yRIMG0957.jpgyRIMG0959.jpg
yRIMG0960.jpgyRIMG0961.jpg


午後5時過ぎまでと思ったが

なんかとっても疲れちゃって ・ ・ ・

16:45 納竿。


yRIMG0962.jpg


丸沼は秋になった。 (でも今年は気温は高い)



本日釣果: 14匹

◆釣りなんか行ってられない!

丸沼の流れ込みができたと言われたって ・ ・ ・

いっぱい釣れると言われたって ・ ・ ・ 



こんな日、

とっても釣りなんか行ってられない! 









君はいつも優しい子だ。 利発だし。

それに ・ ・ ・

よし! 手もしっかり振れてるぞ!

膝も上がってる!!

ラストスパートじゃぁーー!

ダントツじゃぁ~!  ☆(≧▽≦)よっしゃーー!

yRIMG0911.jpg








そして、あなた。

あなたはいつも天真爛漫だ。 

見ているだけで、つい笑顔になってしまう。 (*^_^*)

トロンボーンで鍛えたそのホッペの筋肉で

天に向かって空気を爆振させろ! 

yuRIMG0917.jpg




2016年 秋の運動会。

◆丸沼釣行160920TUE-20

「四朗沢が増水した」 という情報を得る。



すぐに来てみた。 (^^

なるほど勢いよく流れ込んでいる。 水位も上がっている。

yRIMG0888.jpg


こうなれば、スリットよりはやっぱりココでしょう。

yRIMG0889.jpg


しかし、昨日、一昨日、その前と3連休でとことん攻められ続けて、スレているにちがいない。

最初からフックのサイズを#12におとし、

前回よりも水位がかなり上がっていたので、RIO AFS Hoover 35カウントで等速スローリトリーブ。

朝一はいつも来ないのだが、今日はすぐにきた!

ヒレもかなり回復した綺麗な魚体。

yRIMG0891.jpgyRIMG0892.jpg


で、早々に51cm

yRIMG0893.jpg


ここで、パタリ ・ ・ ・

1時間半しても魚信がないので、フライをソフトハックルに替えたとたんに、これも51cm

yRIMG0896.jpg


しかし、ソフトハックルは後が続かない。

エッグ風のフライに替えたらすぐにポンポンと ・ ・ ・

yRIMG0897.jpgyRIMG0899.jpg


しかし、エッグ風もこれまで。

マラブーにもどすと ・ ・ ・

yRIMG0900.jpg


いづれのフライも替えるとすぐにヒットするが、後が続かない。

ここで、ニンフにすると、フォール中にラインがグンッ!

で、53cm

yRIMG0901.jpg


この後は7~10投毎にフライをとっかえひっかえのローテーションをして ・ ・ ・

yRIMG0902.jpgyRIMG0903.jpg


さすがにマッタリタイムに入ると、何をやっても魚信なし。

yRIMG0904.jpg



午後3時になったので、スリットへ。

肉付きがいいのが一発で。

yRIMG0906.jpg


連続して、久々の大物!

長時間格闘してネットに入れたが、大きすぎて魚の重心がネットの内側に入りきれず

(っていうか、俺が慌ててネットを早くすくいあげてしまったかも ・ ・ ・)

暴れられてフックアウト!

かる~く60越えのメスのニジでした。


この後、スリットはまったく魚信がなくなる。

流れ込みに戻るが、

今日はもう釣れないからと言わんばかりに風雨が強くなったので

午後4時40分 納竿。

yRIMG0908.jpg



でも今日はほとんどが良型以上だったので、おもしろかった。

前回の反省から、今日は普段使わない色々なフライを沢山持ってきたのも功を奏したかな。


本日釣果 : 11匹  

◆丸沼釣行160914WED-19

「待てない病」も併発したため、また丸沼に来てしまった。 (_ _;)散財・・・

目的はもちろん、改造BLフック(KAMASAN Strong Wire #8の改造品)の性能確認。



駐車場には車が2台だけ。

1台は準備を始めいて、岸釣りらしい。 

よく見ると ・ ・ ・

おや! inaxさんじゃないですか! 

ふつーの車で来ていらっしゃったので気が付きませんでした(笑)。


二人で発券所前に並び、話をしながらロッドの準備など始めると ・ ・ ・

ランニングラインからティペットまで、ラインシステム全部が繋がれて巻かれているはずの

スプールにラインが ・ ・ ・ ((((;゚Д゚)))))))ない!

しまった! 良く見ないで、同じ色の空スプールを持って来てしまったらしい。

yRIMG0874.jpg


仕方ないので、ロッドも替えて間に合わせシステムで準備。 

既にモチベーションは最低レベル。 

そのうえ、ロッドが地面に倒れそうになったのをとっさに抑えようとしたら、

フライが付いたティペットが指にひっかかって ・ ・ ・

ブスッ!! 

yRIMG0845.jpg


しかし、改造BLフックは滑らかに突き刺ささるせいか、見た目で想像するほどの痛さは感じなかった。

もちろん、抜くにも痛くなく、すんなりと。 

抜いた跡は少々血がにじんだ程度で、二人で笑い話に終わる。

でも、もし、この#8フックがカエシ付きのフックだったらと考えると ・ ・ ・ (怖) 

少なくとも、朝一から釣りどころではなくなる。 

あの中禅寺湖での自釣りが脳裏に浮かんでくる。

俺として正にBLフックの真価を今日は目の当たりにした。 

何故なら、BLフックを使うようになったのは、魚へのダメージ低減を配慮したからでは

まったくない。 万が一にも他人様や自分に刺さってしまった時のことを考えてのことだったからだ。



で、何事もなかったように券を購入し、inaxさんはスリットへ、俺は流れ込みへと。

流れ込みはもう完全に枯渇状態。

これだと、魚は手前まで多くは入ってこないな。

yRIMG0873.jpg


水温: 19℃

開始して1時間30分が経過するが、新作BLフックに巻いた定番マラブーにまったく魚信なし。

yRIMG0847.jpg


このままでは性能評価できないどころか、オケラになってしまいそうなので、

テストを放棄、オケラ回避に小サイズのマラブーに変更。

すると、1時間の間に3匹がヒットするがいずれも途中でバレ。

フックのせいではなく、喰いが浅いためだと感じる。

で、inaxさんを見るとロッドが曲がっている ・ ・ ・



(フフフ ・ ・ ・ )

見栄も外聞も捨てて、オケラ回避作戦開始 ・ ・ ・


「inaxさん、チョットそこ投げてもいいですか?」 

てなことで、領海とはいわずとも、排他的経済水域に侵入。(笑)

そのポイントはまともなフライを引っ張っても釣れないことはわかっていたので、

いつも1本だけフライボックスに忍ばせてある(ちょっと恥ずかしい)フライに替えてすぐに ・ ・ ・

yRIMG0849.jpg


「inaxさん、どうもすいませんでしたぁ!」

オケラ回避っす。 (プッ)

で、すぐにまた流れ込みへ。

今日はやたらと岸辺にヤマメの稚魚の群れがいる。

最近放流したに違いない。

yRIMG0850.jpg


出島の前のシャローにはこの稚魚を捕食して暴れまわるニジがいる。

この大量の稚魚が居ることで、魚が捕食に集まり活性化することで釣れるようになる、

と考えるのか、

逆に、めったに遭遇できない「美味しい食い物」が簡単に捕食できるので

フライなど疑似餌には目もくれなくなると考えるか、

俺は後者と考えた。

騙しだまし、なんとか釣ったが ・ ・ ・

yRIMG0853.jpgyRIMG0855.jpg
yRIMG0857.jpgyRIMG0858.jpg



パッタリと静かになってしまったので ・ ・ ・

再び野良猫のようにinaxさんの排他的経済水域へ。(笑)

今度はまともな#12ソフトハックルで一発!

丸沼で俺は初めてとなる

ヤマメ!  (((o(*゚▽゚*)o)))  

yRIMG0864.jpg

ココは数は多くはないが、大型や多種多様な魚が入ってくるという点では唯一のポイントだ。

1匹あげさせてもらったので、また流れ込みへ ・ ・ ・





一定の風も吹き続け、引き重りもあるのだが ・ ・ ・

yRIMG0867.jpg


ここ流れ込みは、午後から4時間振ってもフライという疑似餌は喰ってくれない。

せめてベイトフィッシュに似せた(去年けっこう釣れた)フライに替えてみると ・ ・ ・

yRIMG0860.jpg


すぐにきたので ・ ・ ・

yRIMG0870.jpg



これだ! とも思ったが ・ ・ ・

そうでもなかった。

ここで、午後6時過ぎのパタパタタイムまで粘ったとしても、

今日の様子だとあと1~2匹がいいところって感じ。

今日はこのへんで ・ ・ ・ 撤退だな。

yRIMG0872.jpg


改造BLフックの保持性能評価は先送り。 (効率よい管理釣場で試す手もあるし ・ ・ ・)

16:50 納竿。


本日釣果: 7匹



◆BLフック病という持病

持病のように、時々「BLフック病」が発症する。


俺がBLフックを使うようになった背景は、魚へのダメージを配慮したからではなく、

人間への配慮だ。 

もし、魚へのダメージを考え、BLを使っているのであれば、ヒットした後にバレても

「しょうがないね、魚のためだから」って思えるのだろうが、

俺の背景はそうではないし、長年カエシのあるフックを使ってきて知って

いるだけに、バレると「あ~ カエシのあるフックだったらあがっていたかも」

って思っちゃって、その悔しさは決して慣れるものではない。 

(注:だからといって、BLフックの方が釣果が上がらないと言ってるわけではない。
   フッキングはBLフックの方が絶対に良いがフッキング後のバレ率はカエシ付きフックの方が少ない。
   その結果、どちらが多くネットに入れられるかというと ・ ・ ・
   正直、同じくらいかなって思っている。)



ここのところ、釣りでバレがまた気になりだした。 持病が出てきたのである。

その結果、ピアノ線から自分で思うようなBLフックを作っちうなんてことをやってしまい(笑)、

前回の丸沼釣行でその性能を試したが、フッキングは問題なかったが、

ヒットした5匹は全部バレた。 使い物にならなかった。 (フックメーカーさんは流石です)


で、病気は更に悪化。

BLフックのバレやすさは、大きな引っ張り荷重がかかった時、フックのゲープがバネ限界の

範囲で開いてしまうことも一因だと思っている。 もちろんバネ限界を超えて永久変形して

しまっては問題外である。

俺の求めるものは、荷重に対し変位しにくいワイヤー、単純により太いワイヤーのフックだ(笑)。


今、シャンクがある程度長いBLフックの中でバレにくいと感じているのが

TMC100SP-BLだ(あくまでも個人の感想です)。 これの#8だったり、太いワイヤーのが

欲しいところだが、ない。

ということで、TMC100SP-BLにベンドの部分の形状が似ていて、太いワイヤーの#8フック

として、KAMASANのSproat Wet Hook #8 (3x Strong Wire) に目をつけ、

これを改造することで、持病の克服を試みる。


yRIMG0882.jpg



トップからスロート部もTMC100SP-BLと同様に断面を三角形に研削、表面は研磨。

yRIMG0878.jpg


ティッシュペーパーを16枚に折り重ねて刺してみると、カエシ付きフックだと力を入れても

貫通しないが、コレはほとんど抵抗なくスーっと貫通する。

あとはフッキングした後の「保持性能」がどうかだ。


丸沼の定番マラブーに巻き上げて ・ ・ ・

あ~~  早く ・ ・ ・ ・ 明日にでも試したい!(←これも病気) 



◆丸沼釣行160910SAT-18

いっぱい眠って、目が覚めたらまだ暗い。

もう眠れそうにもないので、そのまま支度して、発券所前に並ぶ。


発券時間の6時が近づくと、凄い!

今日は何かイベントでもあるのかと思うほどの待合行列!

土曜日に来ることはほとんどないので、びっくりした。



Hさんは賢明な選択の結果、ボート。

俺はアンカーも持ってきていなかったので岸釣り。

流れ込みの右か左か最後まで迷ったが、岸により近い(魚の写真撮るのに楽)

ということで右側を選択。

水温: 19℃

yRIMG0814.jpg


いつものことだが、朝一は渋い。

ちょっとすると ・ ・ ・

yRIMG0812.jpgyRIMG0813.jpg

で、パタリと魚信がなくなったので朝飯。 しかし左側(ブレイクラインの沖)は好調。

ワカサギ釣りもいるのだろうが、それにしてもボートが20艘以上も。 凄いなぁ~ 土曜日って・ ・ ・

yRIMG0818.jpg


yRIMG0820.jpgyRIMG0822.jpg
yRIMG0823.jpgyRIMG0825.jpg


ここでようやく50が。 

yRIMG0826.jpg


yRIMG0827.jpg


で、まったりタイムに突入した模様。 

空は高く、雲は秋!  なので ・ ・ ・

yRIMG0828.jpg



冷えた生中で ・ ・ ・ かんぱぁ~い!  (*≧∪≦)キクーーッ

yRIMG0829.jpg


で、今日は入浴可! だって。 (平日はだいたい「できません」になっている)

yRIMG0830.jpg


今日の一番風呂でスミマセン 

yRIMG0832.jpg


こうなると、濡れたウェーダーを再び履くのは勇気がいることだが、昼寝に入ったHさんの釣果は俺の

ダブルスコアー、 我慢して稼ぎに出るが、Hさんが昼寝から覚めて出てくるまでに

アタリが1回あったのみ。 (俺も寝ればよかったな ・ ・ ・ )

その後、流れ込みでは1匹だけ。

yRIMG0836.jpg



夕方はスリットの方がパタパタっとくることがあるので、流れ込みを去って

スリット方面へ。

案の定、ベストポジションに立っているフライマンの人に3~4連続ヒット!

場所がなかったので、立木の森側からなんとかフライが奥のチャンネルに届く位置から投げる。

すると、俺にも ・ ・ ・  52cm

yRIMG0837.jpg

yRIMG0839.jpg


最後、いい型がヒットしたが、途中でバレ 

真っ暗になったので 

yRIMG0842.jpg


Hさんと共に納竿。

帰りは二人で、今日二度目の温泉へ  (^^

yRIMG0843.jpg


あ~ 毎週こうゆう温泉釣行できたらなぁ ・ ・ ・

特別そんなに贅沢言ってるわけではないと思うけど ・ ・ ・

呑むの打つのと比べれば、健康的だし、安いもんだけどなぁ ・ ・ ・

どーして、できないのだろう??  



本日釣果: 11匹


◆丸沼釣行160909FRI-17

今日は暑過ぎて畑仕事は危険。 だから午後から時間があいた。

明日(土曜日)は久しぶりにHさんと同行の予定。

だから、今日は(も)半日早く出発。 (^^

一般道を使って、あの雲の下へ ・ ・ ・

yRIMG0766.jpg



12:30 丸沼に到着。

なんとなく期待していた流れ込みの増水はなく、逆に枯渇寸前。 (雨ふらなかったんだ・・・)

yRIMG0768.jpg


今日は自作のBLフックの性能を試したいということもあったので、さっそく支度。

流れ込みの右側に一人入っていたので、左側に立ち込ませてもらう。

気が付かなかったが、以前に一度お会いした方だった。

ここで朝からやっていて、けっこう釣れたとのこと。



水温 19℃ (ピークは越えたもよう)

12:50 開始。

1匹目: 途中バレ

2匹目: 手元でバレ

3匹目: いい型だったが、途中バレ

どうもシュートの際に違和感がある?と思ったら

最初のガイドにラインが通ってない!!  落着きがない証拠だ。

yRIMG0771.jpg


4匹目: 手元でバレ


13:30 白根魚苑から定期放流車が。 

yRIMG0769.jpg



5匹目: いい型だったが、これも途中でバレ

ここで、今回自作のBLフックは使い物にならないと結論付ける。 

(試作に費やした半日がムダに終わる)

従来のフックに付け替え、ようやく初釣果。

yRIMG0772.jpgyRIMG0773.jpg
yRIMG0774.jpgyRIMG0778.jpg
yRIMG0780.jpg



ここでスリット方面が空いたので、様子を見に移動。

スリットに行く前に、ボート置き場の沖の1投目で

yRIMG0781.jpg


しかし、ここはこれのみ。

スリットへ移動。 手前の筋から探ると、2投目で

俺にはめったに釣れないブラウンが!  その後も狭いポイントでコンスタントにくる。

yRIMG0784.jpgyRIMG0786.jpg
yRIMG0789.jpgyRIMG0790.jpg


暗くなってきたので、今日はこのくらいでやめようと ・ ・ ・

yRIMG0792.jpg


リールでシャカシャカとラインを巻き取っていると

グン! 

エッ! 昼間はゆっくり引かないと釣れなかったのに、今はこんなに早く引いても釣れるのか??

yRIMG0791.jpg


と、試しに、思い切り早く手繰り寄せるリトーリーブをしてみると ・ ・ ・

yRIMG0795.jpgyRIMG0801.jpg


ん~!?   暗くなると高速リトリーブでも(の方が)釣れるのかな??

ホントに暗くなったので、18:25 納竿。



車も1台もない、だ~れもいないところで、 独宴! 

鹿でもキツネでも出てくれば、多少なりとも話相手になれるのになぁ ・ ・ ・ (´ω`)ヒック

yRIMG0809.jpg



Hさんは深夜に到着の予定だというし

そこまではとても起きてられんなぁ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ (_ _)



本日釣果: 13匹/6Hr


◆丸沼釣行160905MON-16

今日は「曇/雨」という予報だったので、釣りを計画したのだ。

それなのに ・ ・ ・

yRIMG0732.jpg



どこが曇/雨だ! 早朝からピーカンではないか!

(昨日といい、今日といい、 予報のウソツキ! 

6時前から発券所に並ぶ岸釣りらしき人はいないようなので、ちょっと岸辺をチェック。


昨日わかっていたことだが、流れ込みの水量も1週間前と比べると

1/4程度に減っていて湖に流れの瀬はもうない。

yRIMG0733.jpg



インレットには昨日遅くまで集中砲火をあびて、超神経質になっているニジが数匹 ・ ・ ・

よほどでないとこーゆうのは釣れない。

[広告] VPS



スリットは水位が下がりぎみの上、昨日の夕方遅くまでかき回しちゃったし ・ ・ ・

朝から風もないピーカンのようだし ・ ・ ・

今日の目標としては、やっぱこんなところが相場だろうなぁ ・ ・ ・

yRIMG0738.jpg



一日腰据えてということだと、スリットよりもやっぱり末広がりの流れ込み沖合ということに。

水温: 20℃

予想に反して、RIO AFS Hoover 30カウント、定番マラブーでの2投目で、良型がヒット!

手前まできて、 アッ!

昨日からどーもバレが頻発する? 雑な取り込みではないと思うのだが ・ ・ ・


届かないが、沖合80mくらいにライズが多い。 やはり沖目に出ていってる。

yRIMG0740.jpgyRIMG0743.jpg
yRIMG0745.jpgyRIMG0746.jpg
yRIMG0747.jpgyRIMG0749.jpg


予想外にも、9時前に今日の目標を達成。

朝飯兼ねて、一休み。

yRIMG0748.jpg




yRIMG0751.jpgyRIMG0752.jpg


このあたりから期待の向かい風が吹いてきたのだが、俺のポイントのチャンネルは逆に渋くなり、

左側のブレイクラインの沖合が好調となる。  湖流の関係で魚の移動が生じたのだろう。

yRIMG0754.jpgyRIMG0755.jpg
yRIMG0757.jpgyRIMG0758.jpg


そして、秋の気配を感じさせるオスの50が。 

強い引きだった ・ ・ ・

yRIMG0759.jpg




疲れたので、休憩。  あったかい味噌汁がこんなに美味しいとは気が付かなかった。

特にこれからの季節はコレだな!

yRIMG0761.jpg



ところがこの後、パッタリ。

誰も釣れていない、というか気が付くと誰もいなくなって ・ ・ ・

午後4時にスリットの人が帰ったので、そこをやってみるが、昨日の夕方とは

まったく違い、魚信なし。 

流れ込みに戻るが、状況に変化なし。


秋のターンオーバーが始まったらしく、水は澄んではいるが風が吹くと岸辺には泡が。

yRIMG0762.jpg


深追いするほど体力も残っていなかったので

yRIMG0763.jpg


午後4時40分 俺も納竿とする。

新たにまとまった雨が欲しいところだ ・ ・ ・


本日釣果: 13匹



◆丸沼釣行160904SUN-15

天気予報がはずれ雨 ・ ・ ・  

今日は秋/冬野菜の播種作業の予定だったが、できなくなった。

どうして最近の天気予報はこうも信頼性がないのか! 

やることがなくなってしまった。


ということで、明日はもともと釣りに出かける予定だったので、半日早く

出発ということに。


午後2時半過ぎに丸沼に到着。

日曜日ということもあって、岸釣りは6~7名。

流れ込みには数人が ・ ・ ・

RIMG0702.jpg



どうしようかと迷ったが、良い風も吹いてるし ・ ・ ・

据え膳喰わずは ・ ・ ・ ってことで、ロッドを組み立てる。

流れ込みでやってる方々はみなインレットの魚をシングルハンドで攻めていたので、

沖に投げるということで快諾いただき、立ち込ませてもらう。

RIMG0705.jpg


午後3時ちょうどスタート。    水温: 21.5℃


1匹目、途中でバレ! 

2匹目、手元でバレ!!

3匹目でやっとネットへ。

15:22                      15:41            
RIMG0704.jpgRIMG0706.jpg

それから、まったくダメになって ・ ・ ・

17:55
RIMG0709.jpg


ここで、スリットでやっていた方があがったので、スリットへ移動。

1投目で ・ ・ ・

18:10                      18:15
RIMG0711.jpgRIMG0712.jpg

ここでも2匹連続で途中バレ

18:25                      18:35
RIMG0713.jpgRIMG0714.jpg


連続ヒットが続くが手元が真っ暗。 

ライトも持っていなかったので、18:40納竿。

RIMG0718.jpg


さて、明日はどこに立ち込むか ・ ・ ・

難しい選択だな ・ ・ ・

RIMG0728.jpg


20:40頃だと思うが ・ ・ ・ 



本日釣果: 7匹/3.5hr

プロフィール

天然釣人

Author:天然釣人
隅っこで幸せに生きていけたらいいな、と切に願う団塊の世代人

最近の記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR