◆早春賦

2017年1月11日

気が付くと、庭のあんずの樹の花が

開花していた。

いつ開花したのだろう?

yRIMG1807.jpg


そういえば、今日の天気予報で、東京の梅の花が昨年より6日早く開花したと言っていた。

うちのあんずの花は、節分の前後で開花する。

昨年は例年より遅くて、節分でもまだ開花しなかったのだが。

今年は特に開花が早い。 15日以上も!

で、あんずの樹の下のフキノトウを見ると ・ ・ ・

yRIMG1809.jpg


フキノトウもあんずの花とリンクしていた!

へぇ~ 今年は早いんだ ・ ・ ・ 




「早春賦」という歌がある。

大正の初期に作られた唱歌だ。

俺の好きな歌だ。

曲も歌詞もいい。

      春は名のみの 風の寒さや
      谷の鶯 歌は思えど
      時にあらずと 声も立てず
      時にあらずと 声も立てず

      氷解け去り 葦は角ぐむ
      さては時ぞと 思うあやにく
      今日も昨日も 雪の空
      今日も昨日も 雪の空

      春と聞かねば 知らでありしを
      聞けば急かるる 胸の思いを
      いかにせよとの この頃か
      いかにせよとの この頃か


     <歌の一例は⇒ここ



豪雪に埋もれた長い冬をひたすらしのぐしかない雪国に

生まれ育ったからだろう、この詩に実に共感するものがある。



雪に埋もれた小川が、やがて雪解けとともにあちこちで

ぽっかりと雪の穴をあける。 下を覗くと緑のナズナが ・ ・ ・ 

雪に埋もれた木々が、やがて雪解けとともに枝の先を見せ始める。

見るとビロードのような猫柳の芽が陽に光る ・ ・ ・



冬真っ盛りの中だが、この時期になるといつも

「早春賦」が鼻歌になってしまう。

なんと新しいスタートをイメージさせてくれる季節か。

なんと希望を感じさせてくれる季節か。

なんと解放感と躍動感を味わえる季節か。


◆2017年 初釣り

2017年が明け

例年通り、庭の魚塚に

今年の豊漁と安全を祈念して、おしめりを捧げ ・ ・ ・

yRIMG1794.jpg



1月4日 出初式へ  (会場: 加賀FA/S.P.)

yRIMG1786.jpg


加賀FAのS.P.は風が吹かないと釣れないポンドで有名。

今日は、午前中の風は期待できないが、午後から西寄りの強めの風が吹く予定。

その方向からの風が吹くと魚が”吹き溜まる”ポイントがある。

そこから6mほど右側へずれたところに陣取る。  

右側から(西寄り)の強風を受けた場合は、その方がラインをポイントに

投げやすい。 

今日の勝負はその西寄りの風が吹いたときだ。

(儀式とはいえ、一応最初から実戦モード)



いつものことだが、朝一は釣れない。 これは予定通り。

そして、陽が高くなっても風が吹かないから

釣れない。 これも予定通り。 (笑)

yRIMG1791.jpg



そんな中で、ようやく。

2017年の最初のお魚なので ・ ・ ・ パ写ッ!

yRIMG1787.jpg



今シーズンはちょっと「ゾンカー」を勉強してみようと思っている。

おめでたいお正月なので、紅白のゾンカーを使い分けなんかで ・ ・ ・

yRIMG1789.jpgyRIMG1790.jpg



午前中は予想通り、8匹に終わったが、

午後2時過ぎくらいになって、ようやく西寄りの風が強く吹きはじめ、

お約束の”魚の吹き溜まり”にフライを通すと

毎回、魚信を感じるようになる。 

yRIMG1793.jpg


しかし、

用意した食材キープ用のストリンガーは出番なく、

そして、今年もまた、

24匹の中には、タグが付いた魚はいなかった ・ ・ ・ (_ _;)



来年こそ!


プロフィール

天然釣人

Author:天然釣人
隅っこで幸せに生きていけたらいいな、と切に願う団塊の世代人

最近の記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR