◆でっかい雹(ヒョウ)が!!

グレートレースを無事完走し、

休む間もなく、連日の夏野菜の植え込み。

今日は遅蒔きのトウモロコシの播種とミニトマト(アイコ)の苗の植え付け。



疲れ切った体を風呂で癒していると ・ ・ ・ 


「カン!  カツン!  カンカン! ・ ・ ・ ・  」


な、 なんだぁ!! (゚△゚;)



すると、女房が浴室に飛び込んできて

「ネ! 野菜! 凄い! やだ! 」

何を言いたいのか、さっぱりわからない。



どうやら、ヒョウが降ってきたということらしい。

浴室の窓から外を見ると ・ ・ ・  ((((;゚Д゚)))))))ウソ!

バスタオルを腰に巻いて、庭に飛び出す。

こんな雹はここに住み着いて40年、見たことがない。

yRIMG2994.jpg



直径1cmはある。

yRIMG2990.jpg



幸い、ミニトマトの苗はトンネルをかけたので大丈夫だが、

2cmほどに発芽したニンジンが被害に ・ ・ ・ 



天気予報は、いろんな意味で日に何度も確認するのが習慣となっているが

このゲリラ豪雨は予想していなかった。

今日の予報は終日晴れ、実際夕方まで陽が出ていたのだが ・ ・ ・




高解像度降雨ナウキャストで確認してみると ・ ・ ・

あった!

こいつだった。

ゲリラ豪雨



まさにピンポイントで直撃を受けた。

ま、しかし、乾燥した畑も潤ったことだし

明日は植え時を迎えたズッキーニの苗を定植しよう。



丸沼も解禁になったというのに

当面、釣りに行けないかぁ ・ ・ ・ 

(_ _)いきてぇ~ 



◆これって病気かな?

こんなに暖かくて ・ ・ ・

いい風も吹いて ・ ・ ・

yRIMG2553.jpg



師匠のHさんは

中禅寺湖で、こんなことになっているというのに ・ ・ ・



この俺は、

2600Kmものグレートレースに出かけるのに

少しでも風切り音と空気抵抗を減らして燃費を稼ぐため

泣く泣く”商売道具”をルーフから外したりの準備やら ・ ・ ・

yRIMG2551.jpg



夏野菜の仕込みと ・ ・ ・

yRIMG2552.jpg


寝床のこしらえなどを

yRIMG2554.jpg


ぜーんぶ、しておかないといけないのだが ・ ・ ・


ミスしてしまうし

集中できないし

作業は長続きできないし

どうでもいいことをすぐにやってしまうし ・ ・ ・

(このブログ更新もまさにどうでもいいこと)



俺、もしかして

大人のADHD!?   (◎Д◎)ウウ~!


◆東古屋湖釣行170410MON-7

              2016/4/2        2017/4/8
70cmオーバー         1匹          9匹
60cm~70cm未満       6匹         59匹


上の数字は東古屋湖の春のスーパーレインボートラウトトーナメント(タイトルが長すぎるな)の

去年と今年のエントリー検量結果。

去年は若干濁りがあったが、その他の水温や気象など特別な差異があったわけではないのに

結果は今年の方が9倍も釣れた。



去年のトーナメントに俺は参加したのだが、全体があまりにショボイ結果だった

ので、今年は「あの混雑」をおしてまでやる気になれなかったので

参加しなかった。

しかし、この9倍という差はどう考えても魚の放流量の差が主な理由としか思われない。

という思い込みに陥ってしまうと、

果たしてどうなるのか ・ ・ ・





鼻の下を長くしたオジンは暖かい南風が吹く日に

やっぱり出かけてしまうのである。



水位は高く、もう脚立なしでは立ち込める場所は上流部しかない。

脚立は不自由で疲れるから今日は安楽なボート釣りで。 

水温:9℃ 風:南  水位:363.72m


前回に爆釣したピンポイントを沖側から攻めるが、レギュラーサイズが

2匹きただけで1時間が過ぎる。

yRIMG2507.jpg


岸は全てルアーの人達で、開始早々に石段前で大型が3匹ほどきたがその後は

同じくぱったりと。

どうやら事務所前の岸付近はスレてしまったようだ。


で、7時前になって、よーやくいい手応え!

60オーバーはある。 

ネットを差し出し、船べりまで寄せたところで、バレ


7時を過ぎても状況変化ないので、上流のキャンプ場前へ移動。

ボートは多く、岸も数人が脚立釣りをしている。

しかし、ライズも魚信もなく、周囲もあまり釣れていない様子なので、

一気に下流域へ移動。

元古屋橋あたりに行くと、けっこうライズが見られる。

yRIMG2532.jpg




投げるとすぐに釣果が。

yRIMG2513.jpg



元古屋橋から下流あたりにも、どうやら魚が広がっているようだ。

水中島付近を中心にやる。

風はダムサイト方面から比較的強く吹いて、ベストコンデション。

アトランティックサーモン S1/S2をカウントなしで引いてちょうどいい。

yRIMG2525.jpg



フライ着水と同時に食ってきた大型。

ティペットが付いたエサ針を飲み込んでたのではずしてやったら、かえってダメージ与えてしまった

yRIMG2526.jpg




舟上でゆっくり昼飯。

今日は一味深くと思ってやってみたが、想像した味にならず失敗だった。 

お薦めできません。

yRIMG2527.jpg



波があれば、この付近はもう表層ですぐにくる。

試しに沈めてもみたが、逆に魚信は減少する。

ここら辺はボートも少ないし、事務所前やキャンプ場方面のように

スレるほどかき回されていないようだ。

レギュラーサイズは30cm前後だが、40cm後半の良型サイズも

けっこう釣れてファイトが楽しめる。


そんで、テロテロリトリーブなのに40cmのサクラマスが。

今年初めてなのでパ写!

yRIMG2529.jpg




来てみたかっただけなので、すっかり満足。

15:30 一匹あげたところで納竿とする。



キャンプ場前の脚立組ももういなくなっていた。

yRIMG2541.jpg


これでここ東古屋湖は秋までしばらくお別れかな ・ ・ ・

yRIMG2543.jpg


な~んちゃって、

また中禅寺湖から転がり落ちてきたりして ・ ・ ・ (^^;



帰りはお決まり、東照温泉。

昼飯でラーメン失敗したので、もう一度 ・ ・ ・

俺、あっさり系好きなんで、旨かった!

yRIMG2544.jpg


170410東古屋 001


◆東古屋湖釣行170405WED-6

ということで

中禅寺湖から転がり降りて

暖かな東古屋湖へ9:10到着。


キャンプ場前は、既に尻あたりまで水位があがっていて

フライの人は脚立を使っていた。

脚立なしでは振りにくく、疲れそうだったので事務所前でやることに。 (水位: 363.58m)


事務所前にはフライマンが一人だけだったので、入っていいか尋ねると

快くOKしてくれた。 (ありがとうございます!)

yRIMG2427.jpg



水温 9℃!!  さっきまで中禅寺湖だったんで

まったく冷たいと感じない。

システムもフライもそのまんまでやると ・ ・ ・


なんと、1投目にヒット

2投目も、 3投目も ・ ・ ・

いきなり、1投1尾って感じ??!

しかし、全部レギュラーサイズ。

yRIMG2458.jpg



今日は前回(3月23日)と違って、底を引くと当たらない。

ATL. SAL SHORT S1/S2 でカウント15~20が最も魚信が多い。

水位も上がったので、中層から上ということになる。

yRIMG2424.jpg


昼飯もパンで短時間に済ます。

yRIMG2449.jpg


ところが、お昼を過ぎると魚信は極端に薄くなる。  

毎度のことだが、魚は午後からどこかに行ってしまう。



大型魚は釣れる気配はないし、中禅寺湖で体力が消耗したので

深追いせずに、午後4時納竿とした。

170405東古屋 001



帰りは当然、

温泉

体力回復を狙って

「とんかつの篠」でまた ”しょうが焼” (≧∀≦)ウマ!

[広告] VPS




◆中禅寺湖釣行170405WED-1

ちょっとここのところ暖かい日が続くということなんで

ついつい、

出てきてしまう。




今年初めての中禅寺湖なんで、

ちょっとおごって、

コンビニの注文弁当なんかで景気よく前夜祭! (^^

yRIMG2398.jpg




朝。

いい天気

気温0° 水温3℃

冷たい!

手足が痛い!

頭も痛い!

yRIMG2405.jpg
yRIMG2406.jpg




5:30~7:40まで我慢して投げるが

yRIMG2407.jpg


アタリひとつなく(←これは中禅寺湖なので特に問題ないのだが)

くも膜下出血か心筋梗塞が起きてしまいそう (#゚Д゚#)


早すぎると自分でも思ったのだが

7:50 納竿とする。 (_ _;




いやぁ~ 年寄りがいい気になって来ちゃいけないとこだね、ここは。


ワカサギが浮いたという噂を聞く頃まで、

しばらくお別れです。

yRIMG2409.jpg




ということで、

8:20 転がるように

いろは坂を下って

一路、西荒川ダム(通称東古屋湖)へ ・ ・ ・


◆ウチの鳩

2014年の4月に庭のヒイラギの樹の巣から2羽の土鳩が巣立った。

IMGP6173.jpg
<2014年4月 卵から出てきた直後>




あれから3年、彼らはウチを縄張りとして住みついている。

餌付けなどはまったくしないが、俺の声を認識しているのか、まったく恐れない。



糠漬けに使って余った米糠があったので、庭のフキとミョウガに

肥料としてばらまいたら、大喜びで食べ始めた!

yRIMG2396.jpg



思いがけないご馳走だったのだろう。

[広告] VPS





今頃、中禅寺湖は寒いし混雑してるんだろうな ・ ・ ・

それに比べ

ウチの庭はなんと暖かくて平和なんだろう。 ( ´ ▽ ` )

ね! ハトちゃん!


プロフィール

天然釣人

Author:天然釣人
隅っこで幸せに生きていけたらいいな、と切に願う団塊の世代人

最近の記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR