◆丸沼釣行170730SUN-14

一昨日の丸沼釣行は、突発、エキストラ、予定外。

今日の釣行は週に一度の定期釣行。

このところの雨でまた流れ込みは復活していました。

yRIMG4140.jpg




毎度同じ写真だが、風景を記録しているわけでなく、その日の天候の様子を記録している。

夏場はこうゆう天候が涼しいし、比較的釣れるし、いいのだ。

yRIMG4148.jpg



いきなりだけど

【今日のまとめ】

① いつになく早朝のライズが少なかった。

② そのせいか、表層ではいつものようにはなかなか釣れなかった。

③ 深くすると釣れた。

④ いつもバッテリーはメインと予備用に2個積むが、メインバッテリーを車に積み忘れてしまった。
  予備用は容量が小さいため一日中はちょっと苦しい。 夕方の時合にフルに使いたいので
  電力節約のため、釣れにくい時間帯にはエレキをチルトアップして2時間弱ほど手漕ぎでハーリング。
  とっても疲れた。 (´Д`)
yRIMG4177.jpg


⑤ 成魚放流されたサクラマスは、ここのところ安定して3匹に1匹の割合で釣れる。 
  今日も39匹のうち、ぴったりの13匹。 
  釣れた場所やタイミングなどを考えると、ニジとサクラは群れとなると
  どうやら互いに異なった群れを作って回遊しているように思える。


  
⑥ 【今日のお魚コーナー】 サイズは大きくないが綺麗で底への引きが強かった。
yRIMG4185.jpg



表層水温がほぼMAXに達したので、現時点の水位が保てれば

逆に今までそうでもなかった特定の場所での岸釣りが面白くなるかも ・ ・ ・



【釣果と時間帯】

170730丸沼 001




【その他釣果写真】

続きを読む

◆丸沼釣行170728FRI-13

木曜日の夜になって、明日はチビのお世話が不要とのことになった。

天候も曇りだ ・ ・ ・

とたんに「釣り虫」が騒ぎ出し、特効薬もないので

また丸沼へ行ってしまう。



いつもここで車を停め、湖の「様子」を必ずうかがう。

今日はいつになく大きいライズがけっこう見受けられる ・ ・ ・ (ΦΦ)フフフ

yRIMG4105.jpg



7時前に到着。 

岸釣りをしていた常連さんとボート置き場でしばし朝談。

けっこう釣れているようだ。

俺は迷ったあげく、今回もボートでのハーリング。

水温 22.5℃



一応、湖底が6mくらいの手前から探りながら流すが、魚信なし。

朝、湖の「様子」を見ていたときに大きなライズが頻発していたエリアに入ると

ロッドがひん曲がる!

1匹目からサクラマス。

そこは入れ食い状態(サクラ2匹、ニジ2匹)。

今日はすごいぞと思った途端に、その後はパッタリ??

狭いエリアをかき回したので群れが移動しちゃったのか

その後1時間以上も魚信なし。

この時間になると湖面にはもうライズは見受けられないので

あとは流す先で釣れるかどうかは神様の思し召し。

yRIMG4106.jpg

yRIMG4113.jpg




【今日のまとめ】

① エラ沢の沖合で、サクラマス43cm (*゚▽゚*)  更新する。

yRIMG4114.jpg



② 毒蛇の岩沖合で、めずらしくこの時期に太ったヒレピンの50オーバー。 

  このての魚は放流されてからかなり時間がたっていて、小魚を十分に捕食できているのだろう。

  なかなか浮上してくれず、いいファイトだった。

yRIMG4123.jpg



③前回と同様、今日も放流物のサクラマスが多く釣れた(23匹中6匹)。

④ニジマスは大小問わず、ほとんどがヒレピンかほぼ回復したもの。 引きが強い。

⑤ダムサイト付近~国道下付近はフローティングライン(インジケーター、ドライ、ハーリングなど)
  でもよく釣れていた(他舟の状況)。

⑥午後4時~5時は4匹連続で手元でバレ。 フックに異常はなかった。
  他にもアタリだけやフッキング直後のバレが多かった。 なんで???


納竿して帰港すると、朝談した常連さんが

「今日の定期放流はぜ~んぶサクラマスでしたよ、50くらいのもいました・・・」

だって。 (・・;)エ~!

困ったな ・ ・ ・

また、来る理由が出来ちゃったじゃん。



今日は午後4時に発電放水が始まり、朝よりも水位が少し上がった。

メイン流れ込みは流れなし。

yRIMG4139.jpg



【釣果と時間帯】 

170728丸沼 001





【その他釣果写真】

続きを読む

◆丸沼釣行170723SUN-12

チビ達の夏休みが始まると

   1)原則、土曜と日曜しか釣りに行けなくなる。

   2)歳をひとつとってしまう。

今日はボウボウになった庭の雑草の退治の予定だったが、

朝からあいにくの雨模様で外仕事はできない。

あいにくの雨 ・ ・ ・

視点を変えれば絶好の雨です (^^

女房からは「釣りに行ってらっしゃいプレゼント」ももらってあるし ・ ・ ・

いつもの時間に朝飯を食べてから、急きょ丸沼へ行くことに。



午前9時の到着

今日はバージョンアップした水温計で水深/水温の関係を測定。

観測点は湖底深さが20m程度と40m以上の2個所とした。

湖底深さはソナーで測定。

【観測点】
丸沼水温観測点 001


【観測結果】
2017丸沼水温 001


丸沼の場合、顕著なサーモクラインはなく、水深と水温はほぼ直線的な関係。

また、湖底の深さや観測点がちがっても水深/水温の関係はほとんど一致している。

丸沼は比較的透明度も高く、太陽光が深層まで届くことと、規模が小さいので

風などで上層と下層が混ざりやすいことがその理由かもしれない。

参考にサーモクラインがはっきりできている矢木沢ダムの観測結果を重ねてみたが

表層水温は矢木沢ダムの方が高いのに、水深5mでは矢木沢ダムの方が

5℃も水温が低い。 

表層水温が高いときはサーモクラインの下に魚が位置すると一般的に言われるが

丸沼にはそうしたサーモクラインは発生しないようだ。



で、釣りの部になるが、 

深さを優先させるため今日は低速でのハーリング。

フライは毎回のオリーブ系定番マラブー。

yRIMG4096.jpg


yRIMG4076.jpg


今日の特徴は

成魚放流されたサクラマスが深い棚でも表層でもこれまでになく多く釣れたこと?!

24匹中8匹(33%)がサクラマス。

早引きでなくても釣れる。

(さてはそろそろ空腹に耐えられなくなってきたか?)

最初に釣ったサクラマスは42cmほどあったが、丸い尾びれが印象的だったこともあって

ちょっと黒っぽいニジマスだな・・・なんて思いながらリリースした。

後で写真をよく見返すとそれはサクラマスだった! 大物賞更新できたのに。

(でも次に41cmが釣れたので更新した)

7月7日と14日に放流された成魚サクラマスの外観特徴は、胸ビレ、腹ビレ、尻ビレが

黒く、ヒレの薄い部分と下腹全体が黄色みを帯びている。

それともちろんニジマスと比べると口が黒く精悍な顔つきだ。




それと、今日はヒレピンのニジが多かったこと。

50オーバーが1匹釣れたが痩せていた。 

食料不足です。 早くライブベイトを捕食できるようになればいいのだが。



夕方5時から雨がまた降りだしたら湖面にライズが出てきたので

表層引き(といっても深さ1mくらい)に切り替えたら、それでもパタパタときた。

50オーバーもサクラマスもその表層できた。

夏場の雨のトップは意外と面白い。

yRIMG4103.jpg


【釣果と時間帯】
170723丸沼 001


【釣果写真】

続きを読む

◆奥利根湖釣行170719WED-1

4年ぶりの奥利根湖となる。

今回は一応ロッドも出すつもりはあるので、日釣り券は買ったが

釣りというよりも、涼を求めて ・ ・ ・


それと

丸沼のようなあまり流れ込み水量がなく小規模な湖と奥利根湖のような

大規模な川のダム湖とでは、夏場の水深と水温の関係にどんな特徴が

あるのかちょっと興味があるので、以前に制作した水温計を

水深20mまで測定できるよう改良。 (従来は14mまで) 

ついでに+0.7℃あったオフセットもほぼなくした。

これで、奥利根湖と再度丸沼の水深/水温の関係を観測してみる。

yRIMG4069.jpg
yRIMG4068.jpgyRIMG4072.jpg



今日の矢木沢ダムの貯水率は99%以上。  満水だ。

yRIMG4034.jpg



6:30に進入ゲートが開くので、それよりも早く湖面には出られない。

18:00にはゲートが閉まってしまう。

釣りのことを考えての時間規制ではないので、仕方ない。

渓流、バス釣り、トローリング、様々なアングラーがボートで繰り出す。

なぜ今ココに来るのか尋ねてまわると、それぞれ固有の事情があるようだ。

その中で「釣れるから」という話はひとつもなかった。

yRIMG4035.jpg



奈良沢筋に巻機山をのぞむ。まだ残雪がいっぱい。

天候が気になるが、今日はすぐに晴れるだろう。

yRIMG4036.jpg



今日は訳あって一気に利根川最上流部へ。

満水なので奥まで行ける。

インレットには水温9℃の冷水が流れ込み、周囲の空気を冷やして霧が立ち込む。

ん~~ 涼しい! 気分イイ!

yRIMG4037.jpg




満水の渓谷の風を切って走る ・ ・ ・  これも爽快!

奈良沢や幽ノ沢へも遊びに行く。

とても釣りどころではない。

[広告] VPS






で、水深と水温の関係を測定。

測定点地図 001

矢木沢水深水温 001



既にはっきりとサーモクラインができていた。

サーモクラインが3m~5mと浅いことは意外だった。

これだと5mくらいラインを沈めれば釣れるかも。

ということで、ちょっとロッドを出してみる気になる。

丸沼仕様で流してみるが ・ ・ ・

yRIMG4041.jpg



2時間経ってもランデイングネットは濡れません。

yRIMG4049.jpg





暑くなってきたし、こうなればオーバーハングの木陰の下で

涼風に吹かれ、波の揺り篭で

お・ひ・る・ね 

[広告] VPS






2時間半も眠ってしまった ・ ・ ・

午後3時過ぎの遅い昼飯、冷たいものはいっぱいある(笑)

けど、船舶免許の関係上、アルコールは禁止です。

yRIMG4058.jpg



キュウリとトマトは99%が水。 水分補給をしっかりやって、熱中症予防を。

yRIMG4059.jpg yRIMG4060.jpg


おやつもしっかりとって ・ ・ ・

yRIMG4061.jpg




ゲートの管理人のおじさんが

「遅くなると心配だから、午後5時には帰ってきてよ」というので

そのように。

yRIMG4064.jpg



夏休みにチビ達を遊びに連れてこようか ・ ・ ・

yRIMG4067.jpg







◆丸沼釣行170710MON-11

「丸沼釣り日記」によると、金曜日の定期放流でサクラマスの成魚を

放流したとあった。

しかも、かるく40オーバーが入っているとのこと ・ ・ ・


稚魚から湖で育だち、成魚になったサクラマスはなかなかフライでは釣れないが

ペレットを食べて育った養殖サクラマスとなれば話は別。

暫くの間は目線は表層にあるはずで、そんなに深く沈めなくても

釣れる可能性が高いので、大物賞サイズ更新のチャンス ・ ・ ・

一方で更新されるリスクも大 ・ ・ ・



そんな、なんともせこい考え方をする俺は

ピーカン天気を知りつつも、船上で天日干し覚悟で丸沼へ。



毎年、偶然にも美術学校の学生が来る日に俺は釣りに来る??

林や湖畔のあちこちに若い女性がいっぱい。

yRIMG3988.jpg




今日は放流された養殖サクラマスを狙うため、ラインは沈まなくなるが早引きをしてみる。

岸釣り用の定番マラブーのヘッドの直径とテイルの長さの比を変えて

早引きでテイルが良く泳ぐよう巻いてきた。

引く速度と泳ぎ方の関係を確認してから使う。 

(いつも家の浴槽で泳ぎを確かめるのだが、狭いのでいまいち)

[広告] VPS





水温: (水温計を忘れる)

覚悟してたとは言え、アジィ~~ッ!!

yRIMG3992.jpg


トンボも暑そう ・ ・ ・

yRIMG4011.jpg



そんな天気でも、期待通り

放流された養殖サクラマスが3匹釣れた。 (38cm 39cm 40cm)

yRIMG3994.jpg
yRIMG4016.jpg
yRIMG4020.jpg


今日は炎天下のもと、疲労が溜まったので、午後5時半過ぎに納竿。

yRIMG4028.jpg





今日夕方の水位はこんな感じ。 少し下がった。

yRIMG4030.jpg




メインのインレットは湧水が流れ込んでいる程度。

yRIMG4032.jpg




暑いとはいえ、標高1430mの丸沼は避暑地。 

すぐにまた避暑に来たくなります。

yRIMG4031.jpg




【釣果と時間帯】

170710丸沼 001



【その他釣果写真】

続きを読む

◆丸沼釣行170705WED-10

で、次の ・ ・ ・

(ΦΦ)フフフ・・・



底でも表層でもドライでも状況によって手返しよく対処できるようシステムも万全の準備。 

気合だけは入れた。

注: 丸沼の釣りのルールでは、釣り場に持ち込むロッドの本数は

   制限していませんが、岸釣りでも舟釣りでも同時にロッドを出して

   実釣できる本数は1人2本までです。


yRIMG3970.jpg




降水データをもとに推定したポイントの状態は推定そのもの!

[広告] VPS





まずは慣れている引っ張りで手前から。

本流で釣っているような ・ ・ ・

ラインがドリフトを始めると

グンッ!

水温10℃の流れ込みの中にいる魚は元気で走るヒレピン。

yRIMG3965.jpg



次はけっこう良型だったが、浅瀬で跳ねてバレ



これは50近いか! と一瞬思っちゃったが ・ ・ ・ 

元気+流れが勘違いさせたヒレピン。

yRIMG3967.jpg



ここでまたバレ。 ジャンプして浮いていた枝に絡む。



次は、ゴミ枝かな?と思ってたぐってくると ・ ・ ・

写真を撮るのを躊躇してしまうような無残な姿。

でも、これも貴重なデータ-なので。 

渾身の力を振り絞ってフライに食らいついたんだろう ・ ・ ・ 

(後日、鵜にやられたのではというご意見がありました。 傷からしてきっとそうだと思います)

yRIMG3968.jpg



次もサイズはあるが ・ ・ ・

エサを捕食できないのかな、それとも ・ ・ ・

yRIMG3969.jpg




そんなことしていると ・ ・ ・

賑やかに始まりましたね。

キャーキャー、ワイワイ、ガタゴト ・ ・ ・

夏のいい思い出になるんだろうね。 楽しんでください。

yRIMG3972.jpg



ということで、気合入れたポイントは 8:30で The End となりました。

yRIMG3975.jpg




で、車で「カニの鼻」に移動。

さすがにこの時期になるとエサ釣りもいない。

水温 18℃

引き重りはというと ・ ・ ・

どっちに投げてもスッカスカ (残念でした)

yRIMG3980.jpg



そんでも1分~2分のカウントでフライのロストを繰り返しながら、

底を引っ張っているとヒット!  でもこれはすぐにバレ。

その後魚信なし。

そのうち、ここも侵攻されてきたので、

10:20 納竿とする。

yRIMG3984.jpg



さあ、今日は晴れたし、早く帰って菜園の手入れをしよう。

トウモロコシが美味しいぞ! (^^

yRIMG3985.jpg



◆丸沼釣行170703MON-9

今度こそ、雨の日に ・ ・ ・

で、前日から雨量観測データーをネットでチェック。

これだとメインの流れ込みが生じる降水量だ。

悩む ・ ・ ・

この時期の雨のハーリングか、

それとも、流下するエサを目当てに、流れ込みに刺してくるやつを狙うか

流れ込みにはレアな大物も寄り付く可能性もある ・ ・ ・



結局、岸釣りとハーリングの両方を用意して現地へ。

まず流れ込みを見ると ・ ・ ・

水量は十分だが、かなりの濁り。 これだとアピール力が劣る

フライだとかなりハンディーを負う。

yRIMG3914.jpg



流れ込みは水位がけっこうある為か、最初から大きく左側にゴミの浮遊物と共に表層は流れている。

ライズも周辺で見られる。 ゴミの下にはいるかも ・ ・ ・

yRIMG3915.jpg



悩んだ末、まずボートでの調子を見た上で、ダメそうなら岸釣りということに。

勝負パンツならぬ、勝負ボート(赤の8号艇)が空いていたのでラッキー!

前夜が雨の日のボート釣りは、まず水かき作業から始めなければならない。

水が多いとセッセとやっても5分はかかる。 朝から汗だく ・ ・ ・

yRIMG3916.jpg



風はないが、雨がザーザー。 グッドコンディションだ。

水温 17.5℃

yRIMG3918.jpg



今日は表層とより深い棚を流せるよう、#4とガイドを修理した#6のロッド2振りを準備。

最初は様子を見るためロッドを2本出す。

流してしばらくすると表層用のロッドに50弱がくる。

雨の時はやっぱり表層か ・ ・ ・ 

と思っていると深い棚用にきたのが ・ ・ ・

サクラマス! (7:23)


ルアーやエサに比べ、フライには大きいサクラマスはなかなかこない。

30cm以上が釣れたら遠慮なく大物賞にエントリーしようと思っていたのだが、

30cmにちょっと足りない

どうしよう ・ ・ ・

一応、環湖荘に電話で問い合わせると、数日前にフライ部門で

サクラのエントリーがあったとのこと!

サイズを聞くと、俺の方が大きい ・ ・ ・

んじゃ~ どうするもこうするもない。 エントリーさせてもらいました。

29.5cm!(笑)

yRIMG3922.jpg



雨はすぐに小降りとなってしまった。 

そのせいか、深い棚のロッドの方が釣れる(フライは両方同じ)。

yRIMG3920.jpg



そのうち雨もすっかり止んでしまう。 かわりに少し風が。

このあたりから表層~1.5mの棚のロッドにはまったく反応がなくなったため

取り込みに邪魔になるので、深い棚用のロッドのみとする。

yRIMG3931.jpg


で、今日2匹目のサクラ! (10:45)

今度は自分で決めていたエントリー基準の30cmピッタリ。

yRIMG3932.jpg


今日、2度目の持ち込みでサイズ5mmだけ更新させていただきました(笑)。


その後もそれなりに釣れ、50オーバーは11時台に2匹、午後4時過ぎに1匹。

午後3時半あたりから、これまでなかったライズが出てきたので

再び表層用のロッドも流す。

時合だったのだろう、午後4時前後は2本とも同じ程度に釣れた。

午後5時を回るとピタリと魚信がなくなり、時合の終わりを感じて17:30納竿とした。


夕方の水位はこんなくらい。 (前回とあまり変化なし)

yRIMG3955.jpg



流れ込みの水は昼頃にはもう笹濁り程度に、夕方はすっかり澄んでいた。

yRIMG3956.jpg



今日は「フライで30cm以上のサクラマスを釣る」という密かな希望がようやくかなえられてラッキー!

やはり、「赤の8号艇」は俺にとっての勝負ボートかも。


そんじゃ  次は流れ込みの底でじっとしている ・ ・ ・(ΦΦ)フフフ・・・



【釣果と時間帯】
170703丸沼2 001


【その他釣果写真】

続きを読む

プロフィール

天然釣人

Author:天然釣人
隅っこで幸せに生きていけたらいいな、と切に願う団塊の世代人

最近の記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR