◆丸沼釣行170829TUE-20

夜になって、明日チビの面倒をみなくていいことに突然なった。

ターンオーバーが本格的になる前に一度またハーリングで

ゆっくり楽しもうと思っていた矢先だった。 




ボートなので7時過ぎにゆっくり到着。

火曜日。 平日である。

しかし ・ ・ ・

流れ込みには4名!

RIMG4649.jpg


ボート置き場から立木の奥まで4名!

CRIMG4647.jpg



昨年まではこの時期の平日などこんなことなかったのだが。

ま、今日はボートなのでそのあたりについては客観的立場でいられる。



エラ沢沖合あたりからハーリングを始めるとすぐに1匹くる。

今日は朝から発電放水が行われている ・ ・ ・

放水の水温を測ってみると17.3℃。菅沼の取水口の水温も思ったほどは低くない。

RIMG4654.jpg


その後1時間経過するがチョンチョンというアタリすらない。 

7月のハーリングの時とはな~んか違うなぁ ・ ・ ・って感じ。

念のために持ってきた水深温度計で、7月に測定した同じ場所で

水深/水温を測定してみると

・ ・ ・ ??

いくら深く沈めても水温があまり下がらない。

表層は21℃、20m沈めても15・4℃。

表層に戻すと数値は再現するので水温計が壊れているわけではなさそう。。

(家に帰ってから低温側も確かめたがやはり壊れていなかった)

あちゃ~! ターンオーバーが始まってしまった!

水の上下循環だ。

170829丸沼水温 001


毎年8月末になると波打ち際には「泡」がでる。 

それはターンオーバーのサインだが、今年はまだ顕著な「泡」が出ていないので

まだハーリングも大丈夫かと思っていたのだが。

これで「な~んか違う」の理由がはっきりした。

躊躇なく、さっさとロッドをたたんで全速で帰港。

ハーリングはやめて、念のため用意してきた岸釣りに変更 ・ ・ ・

といっても立ち込む場所がないので、ボートで沖に係留しての釣り。



車からWハンドロッドを持ってきて再び出港する際、ボート置き場のごくごく浅いところに複数の魚影を見る。

ボート置き場付近には誰もいなかったので、まずはコレから攻めてみる。

RIMG4657.jpg



なんと1投目でアナゴみたいな!?

RIMG4656.jpg
RIMG4655.jpg


すぐにもう一匹きたが、その後は5投してもこないので目的のポイントへ移動。

期待したほどは釣れない。

11時を過ぎると、スリット付近の岸釣りの人達がいなくなる。

誰も居なくなったので、岸釣りでいつも立ち込む真上にボートを係留して

の「岸釣り」をしてみる。

(もちろん、岸釣りの人の姿が見えたら、沖に移動しますが)

RIMG4666.jpg


同じポイントにフライを落とすにしても、沖からよりも岸側から落として引っ張った方が

良く釣れる。 なんでだろう??  魚の頭の向きのせい?


午後2時をまわる頃には岸釣りの人は半減、午後3時過ぎには

流れ込みとスリット付近の2人だけになってしまった。


スリットの沖合周辺では、これまでヒレピンの魚がけっこう釣れていたが午後3時あたりから

急に放流直後のヒレがくたびれた魚体のニジばかりが釣れるようになった。

どうしてか? 分からない事ばかり。



殺気を出すなとよく言われる。 殺気を出さずにラインを引く手には渡りの途中の

アサギマダラも安心してとまる。(冗)

(スズメバチは黒色に激しく攻撃してくるが、アサギマダラは黒色を好むようだ。それとも臭いから?)

RIMG4683.jpg



そして、「地獄からのメッセンジャー」が釣れちゃったので

RIMG4704.jpg


なにクソ!と、ジンクスを破るべく「殺気ムンムン」で頑張った結果すぐに1匹釣れたが、

やはりその後音沙汰なし。

気が付くと丸沼には俺1人だけ ・ ・ ・  

やっぱりメッセンジャーの言う通り、あそこでやめておけばよかった ・ ・ ・

RIMG4706.jpg



今日の「べっぴんさん」は健康優良魚のコレ

RIMG4663.jpg


いろんなところで言われていることだが、

魚が釣れなかった理由(=言い訳)で使われるトップが

「ターンオーバーが始まったから」

だそうだ。 



【本日釣果】

170829丸沼 001


************ 以下、その他の魚の写真のみ **************

続きを読む

◆丸沼釣行170827SUN-19

チビ達の夏休みもあと1週間。

宿題の追い込みで最も辛い週になるだろう。(笑)

一方、「やっと夏休みが終わってくれる・・・」と心の中で思うのは多くの世の親やJ&B。

そのJ&Bの一員の俺も「ようやく平日に釣りに行けるようになる・・・」と思うのだ。



今日はその最後の日曜日。

日曜日といえども、8月の丸沼の岸釣りは少なくてゆっくりできるはずだが

今日は朝から岸釣りの人が10人も! 

これだと、一度立ち込むと場所の移動はほぼムリ。

気が短い俺が最も不得意とする「終日同じ場所」でやることを覚悟する。

RIMG4602.jpg



狭いポイントは朝一でパタパタと釣りあげてしまうと、当然のことだが

すぐに釣れなくなってしまう。 

場所が空いていればすぐに移動するところだが、今日はムリ。



Hさんも言っていた通り、8時~9時がまったく釣れない。

8月の岸釣りで8時台で釣れた数は以下の通り。

    8月6日:0匹
    8月12日:1匹
    8月15日:1匹
    8月20日:3匹
    8月27日:0匹

朝の「まったりタイム」だ。 何か理由があるのかも???



10時を過ぎると風も出てくる。

RIMG4618.jpg



同じ場所で釣り続けるのは退屈でしかたないが、成魚放流後時間が経過してヒレが蘇生した

いいファイトをしてくれる魚が相変わらず多く釣れるということで気分は相殺される。

RIMG4594.jpg
RIMG4620.jpg
RIMG4630.jpg



8月に入って初めてバッキングラインまで一気に出す走りをしてくれた50のニジ。

これも尾ヒレが回復途中だった。

RIMG4622.jpg



今日はかなり減水していて、先まで立ち込める以上に

魚が沖目に退き、しかもバラけていたように感じた。

RIMG4643.jpg



それに、なんといってもスレている。 

同じフライで釣れたのは朝一だけ。

9時以降は同じフライでは釣れても2匹まで。

色やパターンを変えて頻繁にローテーションするとすぐに1匹くるが、それまで。

ティペットの長さにこだわってしまう俺はティペットの交換頻度もあがる。



午後6時過ぎの沢の水量。 朝よりも一段と少なくなっていた。

これだとインレットまでにはほとんど地下にしみ込んで流れは作れない。

加えて、減水していると魚は今のインレットの淀みには入り込みにくくなるかも。

RIMG4644.jpg



岸釣りはやはり老体には疲れる。 マンネリ化の兆しも出てきたし

次回はゆっくりボートでまたハーリングかな ・ ・ ・


【本日釣果】
170827丸沼 001



************ 以下、その他の魚の写真のみ ***********

続きを読む

◆新たな世代へ(イチジク)-その4

カミキリムシにボロボロにされ、枯れてしまったイチジクの樹。

今年の2月にその枝を挿し木して ・ ・ ・

yRIMG1904.jpg



今日で198日目。

全員、立派に育った。

RIMG4562.jpg




既に果実を付ける枝も ・ ・ ・

RIMG4563.jpg



イチジクの樹は特に成長が早いように思う。

来年の2月には大地に定植する。

そうすれば夏には新に伸びた枝に甘くてで--っかい果実が付くだろう。


子育てで、てんてこ舞いの方達は

子供もイチジクの樹のようにあっという間に

大きくなってくれればなぁ ・ ・ ・

なんて、思うかもしれない。


でも、このイチジクもけっこう手をかけた。

枝が伸びた夏場は一日に3回たっぷり水を施さないとしおれてしまうし、

陽に当て過ぎないよう鉢の移動を繰り返したりで ・ ・ ・

生き物を扱うのはなんでも大変だ。


◆丸沼釣行170820SUN-18

J&Bの夏休みも今日が最終日。

体調も回復したので(と信じて)釣りに費やすことにした。



今年は長雨が続き、インレットも一定量の水がコンスタントに流れ込む。

yRIMG4372.jpg



流れの中には40cm前後の数匹の魚の往来が見える。

1投目で来るが、バレ。 アタリは多いがせこい喰い方。

2匹目、3匹目とバレる。

#10フックのマラブーのテイルがどんどん短くなるだけ ・ ・ ・

今日は流れ込みの直近がボートにも人気らしい。

yRIMG4374.jpg




そんなことしているうちに、アタリすらなくなる。

さては、昨日でスレちゃったかな?

ど、どういうことだぁ~ これは??

2時間弱になるがまだ釣れない!

#12ソフトハックルでやっとこ8時過ぎに綺麗な1匹。

yRIMG4375.jpg



それまでスリット付近で釣っていた方がこちらへ移動してきたので、

逆におれはスリット方面へ移る。


朝の流れ込みよりも釣れる感じ。

今回も、小さいが綺麗な魚が多い。

yRIMG4399.jpg



久々のなめこ汁でメシ。

yRIMG4398.jpg




51cm、54cmがくるが大型はなぜか放流間もないものばかり。

前回と同じく、ここで何回か釣り上げられているようだ。

yRIMG4411.jpg
yRIMG4415.jpg



一方40cm前後は綺麗な魚体のものが相変わらず多い。

yRIMG4414.jpgyRIMG4417.jpg



今日は前回を反省して、深追いしないことに。

インレットは朝と変わらない水量を流し込んでいる。

yRIMG4418.jpg



【本日釣果】

170820丸沼 001


以下、その他の釣果写真のみ

続きを読む

◆丸沼釣行170815TUE-17

チビ達の面倒をみなくてもよい週(親が休みだから)という意味で

J&Bも夏休み。

Hさんに借り物を返えそうと丸沼まで行くことに。



今日は冷たい雨 ・ ・ ・

yRIMG4315.jpg



流れ込み左側でやってみたが、今日はいまいち。

右側の方は爆釣が続きます。 




己の釣り方に限界を感じて、スリット付近へ移動。

浅瀬に細長いのが居たので、まるっきりのサイトフィッシング。

目の前にフライをそっと沈めると、

食べたくて食べたくてどーしようもない様子で、二回ほど

行ったり来たりで、三回目に我慢できず、パクリ!

放流間もない痩せた51cm、何度か釣り上げられている様子。 

ファイトもいまいち力がない。

yRIMG4324.jpg


そんでも40cm前後は綺麗でファイトを楽しめるヤツが多い。

yRIMG4336.jpg





そんなところへ、環湖荘のUZUさんが「環境調査」に来る。

なるほど ・ ・ ・

近づかず十分な距離を置いて、そしてむやみに遠投せず ・ ・ ・

yRIMG4326.jpg



俺がやってて、出ないところを

でたぁーー!

[広告] VPS





そんなことで、夕マズメを期待して寒さを我慢して深追いしてたら ・ ・ ・

yRIMG4337.jpg



風邪をひいてしまいました。 

明日は人間ドックの日だというのに ・ ・ ・ 


【本日釣果】

170815丸沼 001


以下、その他の釣果写真のみ

続きを読む

◆丸沼釣行170812SAT-16

お盆休みとはいえ、真夏の岸釣りは釣り人が少ない。

yRIMG4251.jpg




水温は22.5℃.。 水温の上昇はサチレートし、ピーク値を保つ。

だから思った通り、ここは魚の反応は多い。

yRIMG4248.jpg



サクラマス(43cm)も婚姻色を呈してきた。

yRIMG4255.jpg


ニジマスも綺麗なのが多い。

yRIMG4294.jpg



しかし、8時くらいになると涼を求め、遊び半分釣り半分

という感じの親子連れなどのボートが大勢繰り出して、ポイント付近を

賑やかにしてくれたせいか、魚信はパタリと止まる。

10:30過ぎに突然の豪雨になると

yRIMG4264.jpg



子供釣れやボート遊びの多くは引き揚げ

再び魚信がぽつぽつと復活するが

すぐにまったりタイムを迎えたので昼休み。

yRIMG4279.jpg



しばし散策。

昔に比べ、岸は土砂が随分と堆積して水際が遠くになってしまった。

yRIMG4281.jpg


あと数十年もすれば水際は更に数十メートル遠のくにちがいない。

丸沼はより浅く小さい湖になってしまうだろう。

yRIMG4282.jpg


その頃はもう俺はいないので、どうでもいいことだが ・ ・ ・

yRIMG4283.jpg


今、まだこうゆう環境で、釣りを楽しめるということは

ラッキーなことだ。

yRIMG4285.jpg




今日は豪雨が再三やってきて、朝は流れがほとんどなかった

メインの流れ込みはどんどん水嵩が増えてきた。

yRIMG4293.jpg




そんな流れ込みには放流サクラマスが多く刺してきている。

yRIMG4296.jpg



夕マズメとしては雨が激しくあまりぱっとしない。

もう一匹釣ったら終わろうと、ずいぶんと時間をつぶしてしまう。

ようやく釣れたところで、18:30納竿。


【本日釣果】
170812丸沼 001


以下、その他の釣果写真のみ。

続きを読む

◆丸沼釣行170806SUN-15

暫くロッドを振ってないので、今日はキャス練兼ねて岸釣りで。

水温: 22.5℃ 

yRIMG4212.jpg


メインの流れ込みは既に岸際では湧水程度で流れはない。

そこには今日は小魚もいない。

それよりも、残念だったのは1週間前に比べ水位が30cmほど下がっていたことだ。

yRIMG4221.jpg


これだと、メイン流れ込みやスリットなどでのベストストラクチャーの水深が浅めに

なるので魚が多くは入りにくい。 

特に夏場はもう少し水位が高いほうがいいのだが ・ ・ ・

RIMG4214.jpg


それにくわえて朝は風もなく、スリットでは目視できた魚は1匹のみ。

開始早々に3匹ヒットするが、いずれも即バレ。その後沈黙 ・ ・ ・

9時前になって風がでてきて4回目のヒットでやっとこ凸回避。

yRIMG4217.jpg



しかし、後が続かず。

そのうちメイン流れ込みでやっていた1人が移動したので、スリットを捨てて流れ込みへ移動。

yRIMG4218.jpgyRIMG4222.jpg




俺がスリットを離れた後、ルアーマンが投げていたが、やはりダメらしくスリットは留守になっていた。

そこへ午後出勤のフライマンがスリットに立ち込む。

見ていると、いいテンポで釣り上げている! 大型らしき魚も!! ・ ・ ・

風による湖流で魚の回遊が始まり、スリットへ入り込んできたのか、

それとも「FFの達人」?



一方、流れ込みでは風向きが変わったり、曇りになったり、

急に雨が降ってきたりなどの気象変化の度に釣れた。 

[001194][001195]
[001196][001197]



対面でよもやま話をしながら一緒にやっていたフライマンの方がロッドをたたんで

帰られたのを機会に、ひょっとしてと思い、スリットで釣っている

「達人」の方のほうに行くと、やっぱりよく知っている常連の方だった。


スリット付近で二人肩を並べて夕まずめを釣る。

[001198][001199]



湖面が静かになり、6:45 納竿。

[001200]



定期放流後2日目というのに、今日釣れた魚はヒレが綺麗なのがほとんどだった。

ヒット直後のファイトは面白かった。


【本日釣果】: 9匹

プロフィール

天然釣人

Author:天然釣人
隅っこで幸せに生きていけたらいいな、と切に願う団塊の世代人

最近の記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR