FC2ブログ

◆ハルキの樹180920

2011年秋、ハルキが小学2年生のとき、榛名山でいーっぱいどんぐりを

拾って、それをプランターに植えた。

翌年、たった1個だけ芽を出した。

生命力が強いどんぐりだったのだろう、更にその翌年、葉を付けて成長しだした。

「ハルキの樹」として本人と重ねて成長を追ってきた。

aIMGP2691[1]



父親も俺も苗木を山に返すよう勧めたのだが、

本人の強い意志によって、山に返さず庭に定植された。

どんぐりを拾ってから7年。

再三、枝を切り落とされながらも、高く伸びた。

RIMG7825.jpg




今年、どんぐりを付けて「一人前の大人になった」ことを主張した。

RIMG7829.jpg

RIMG7831.jpg




本人も「ハルキの樹」に負けじと、部屋の出入りには鴨居に頭がぶつからないよう、

姿勢を低くするまでに成長してしまった。

この夏は海を越えて、NBAシカゴブルズのトレーニング場へ合宿練習に。

1534485146548.jpg

1538053007745.jpg


今は文・体ともに励む中3。

ついこの前まで、ベビーカーで散歩だったり、遊園地へ連れて行ったり

だったのが ・ ・ ・


なんと時間って早く過ぎてしまうのか。


そうだ、ハルキの樹のどんぐりを植えてみよう。

ハルキの樹2世だ。 

そして、それはどんぐりを拾った山へ返そう。


将来、ハルキが自分の子供といっしょにそこへ遊びに行ったとしたら

「これはお父さんの樹の子供だよ」って教えるにちがいない。

そして、ハルキがそうだったように、子供はどんぐりを拾う ・ ・ ・


その頃は俺はもういないけど(笑)。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天然釣人

Author:天然釣人
隅っこで幸せに生きていけたらいいな、と切に願う団塊の世代人

最近の記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR