FC2ブログ

◆「土」ってありがたい

今年も若干のお金と多大な労力を費やすことで

夏野菜をいっぱい土と水と太陽からいただいた。

2018年10月19日現在、

夏野菜の一部は、最盛期ほどは採れないが、まだ収穫できている。

RIMG8194.jpg

RIMG8198.jpg

RIMG8197.jpg

RIMG8199.jpg

RIMG8196.jpg

RIMG8214.jpg

RIMG8219.jpg







秋・冬野菜も収穫できはじめた。


サニーレタス: 夏物は終わったが、今年初めて遅蒔きでも作ってみた。 成功だ。

RIMG8200.jpg



小松菜: 農薬は使用しないので、蝶の幼虫に穴だらけにされ、ダメかと思ったが
      葉っぱが大きくなると虫も食べきれなくなった。 これはこのまま春まで
      放っておき、薹(とう)を摘んで食べる。 もうすぐ後播きをする。

RIMG8205.jpg



チンゲンサイ: 小松菜と同様、幼虫に喰われっぱなしだったが、問題なくなった。

RIMG8206.jpg



大根: 切干大根も作るので余ることはない。 今年は少し成長が遅い。

RIMG8213.jpg



葉大根: 葉っぱを食べる種類。 葉や茎は柔らかく、味噌汁や味噌炒めが美味い。

RIMG8207.jpg




ラディッシュ(ミニ赤大根): サラダ、浅漬けでチビ達が大好き。

RIMG8208.jpg




ブロッコリー: 冬には1本に1個しか採れないが、その後脇芽が沢山出てきて
         3月いっぱいまで食べられる。 

RIMG8094.jpg




ちりめんちしゃ: 冬季のサラダ菜として重宝する。 そろそろ食べられる。

RIMG8202.jpg



水菜: 去年の種の残りがあったので、播いてみたが、発芽率が低く、発芽後もうまく
     成長せず、失敗。
 やはり有効期限を過ぎた種はダメだということがわかった。
     これも経験。 新しい種で播きなおしたので、収穫できるのは12月に入ってから。

RIMG8209.jpg




白菜: 雨のせいで定植が遅れたが、順調に成長中。

RIMG8210.jpg




ニンジン: 11月中旬~春まで長期に収穫できる。 最終的には6~7割程度を間引きする。

RIMG8203.jpg




ネギ: 少し伸びたら土を盛るを繰り返し、下の白い部分を長くする。 これ、大変な作業。

RIMG8193.jpg




ホウレンソウ: 真冬の青物。 霜が降りると甘くなる。 もうすぐ間引きが必要。

RIMG8211.jpg



摘み菜: 早春の青物。 夏野菜までの繋ぎとして重宝する。 正月までに8割を間引きする。

RIMG8212.jpg




果物も ・ ・ ・

去年、挿し木して今年定植した2代目イチジク。 まだ付けた実が熟し続けている。

RIMG8215.jpg



庭の柿。 今年の夏は暑すぎて、ヘタムシが発生しなかったため、落果が非常に

少なく、実が多くなりすぎ、小粒になった。 重くて折れた枝も。

RIMG8222.jpg




これらは、たまたま「土」があってのこと。

「土」ってほんとうにありがたい。



女房が知り合いの家に行くのに

手土産は買わずに、野菜を持って行くという。

RIMG8191.jpg



「土」は家計にも優しい。 



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天然釣人

Author:天然釣人
隅っこで幸せに生きていけたらいいな、と切に願う団塊の世代人

最近の記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR