◆東古屋湖釣行171219TUE-9

冷えた。

気温 -4℃  水温 5℃  水位 361.28m

RIMG5698.jpg


〆釣行ということで来る。

午前中は風がない。 

魚がいない底が良く見える。

シュートするのが空しい ・ ・ ・



午後から強風が吹き出すと ・ ・ ・

(きたっ!)

RIMG5703.jpg



51cm

RIMG5704.jpg




風の一瞬の弱まりをみて、ロングシュート ・ ・ ・

(きたっ!)

RIMG5706.jpg



61cm

RIMG5709.jpg



なんとか〆の形となったところで 15:20 2017年の竿納め。

RIMG5711.jpg


◆リカの樹171028

今年は「リカの樹」の方が絶対に本人の背丈よりも

高くなると確信し、お祝いを楽しみにしていたのだが

本人も伸びてしまって

お楽しみは来年におあずけとなる。

RIMG4990.jpg




去年は初めて実を1個付けた「リカの樹」

今年は細い枝が折れんばかりに

大きな実を8個も付けた。

RIMG5319.jpg
<17年10月28日 撮 >



どっちも競争しているかのように、すごいスピードで成長している。

そして、俺はすごいスピ-ドで老いている ・ ・ ・




その実の一つをいただいて

花梨シロップを作った。

RIMG5680.jpg



これを飲んで

本人の天真爛漫さと超元気を

少しでも分けてもらえたらと ・ ・ ・


◆平和な冬の日・・・

穏やかな冬の日

暖かいひだまりには

いつの間にか”虫”が集まってくる ・ ・ ・

RIMG5670.jpg



集まると

必ず何かが始まる ・ ・ ・

[広告] VPS






暖かくて

平和な日 ・ ・ ・



虫が静かになったら

昼寝をしよう



◆東古屋湖釣行171205TUE-8

7:30~15:00までやったと思うんだけど

RIMG5656.jpg


これだけって ・ ・ ・

もしかして夜中の道間違えたのに気が付かず、東荒川ダムで釣りしちゃったのかなぁ?

西荒川ダムだったら絶対にもっと釣れるもんな ・ ・ ・ ????




以下、記録。

******************************************************************

続きを読む

◆これも終活

松は毎年春に剪定をしないとボサボサになってしまうやっかいな樹だ。

今年の春、剪定の機会を逸して、やっと6月にやろうとしたら、

うちのバカなキジバトが今度はその松の樹に巣を作っているのに気付く。

yRIMG3703.jpg



仕方なく、巣立つまで剪定はお預けとしたが、巣立った後も結局やる気が起きず

今日になってしまった。

松の木一本手間をかける気力が既に失せている自分を自覚する。

RIMG5620.jpg



たとえ今剪定したとしても、毎年剪定しなければというプレッシャーがめぐってくる。

釣りのベストシーズンの一日を剪定に費やさなければならない。

この松を残しても誰もありがたいなんてことは思わない。 なんの価値もない。

むしろ厄介物扱いされることは必定だ。

残る者に迷惑や負担はかけない方がよい。

まだ自分でできるうちに ・ ・ ・

切ってしまおう!

だからこれは終活のひとつなのだ。




玉石くらいは使えそうなので ・ ・ ・

RIMG5621.jpg



ここまでは簡単 ・ ・ ・

RIMG5623.jpg




それでも30年ほどした木の根っこはタフだ。

RIMG5624.jpg


切れる範囲の根は全部切ったが、まだ人力ではびくともしない。

仕方ないので、トラクターもってきて ・ ・ ・

RIMG5625.jpg




さすが機械!  一気に倒せたのだが ・ ・ ・

4WDのトラクターがスリップまでするが、抜けてこない。

これ以上どうすることもできない。

RIMG5626.jpg




どうやら真下に直径10cmほどの根が張っているようだ。

RIMG5627.jpg



ここからが持久戦。

ちょっと削っては倒し、倒してはちょっと削り ・ ・ ・

決着がついたのはどっぷりと日が暮れた午後6時半。

RIMG5634.jpg




ついでに横のモミジも抜いて、平らにして周囲と同じ芝にしてしまおうと

思うが、今日はもう電池切れ。 

あ~  (´Д`)腰がいてぇ~


終活も疲れる。

◆丸沼釣行171127MON-36

2017年、丸沼の釣り納め。

天気も良かったので8時過ぎに来たが、もうすぐ禁漁となる平日なのに岸釣りが6名ほど各ポイントに。

ボートも数艘。



晴れて無風の丸沼は(釣れないけど)綺麗だ。 

RIMG5575.jpg



沢の水も綺麗。

RIMG5578.jpg



コケの遊歩道も ・ ・ ・

RIMG5579.jpg



風が出てきて湖流ができると魚が動き始める。

結果、魚信が出てくる。

こういう綺麗なところで釣れるとやっぱり楽しい。 52cm

RIMG5595.jpg

RIMG5597.jpg




かなり手こずった58cm

RIMG5603.jpg




体力、気力、幸福感が維持できれば、ぜひまた来年も ・ ・ ・

RIMG5616.jpg





<本日釣果>

171127丸沼 001


*************************** 以下、その他の魚の写真のみ ******************************

続きを読む

◆丸沼釣行171121TUE-35

前回あれだけ寒さに懲りたのに ・ ・ ・

今年一番の冷え込みの翌日に

RIMG5522.jpg



また来てしまう。

とはいえ、朝一を避けて8:45到着。

気温はマイナス5℃。 雪が舞っている。 でも前回よりも1~2℃高い。

じっとしていても汗ばむほどの「完全武装」で。

RIMG5530.jpg



釣り人は自分含め2人だけ。 さすがにボートは出ていない。

強い風が不規則に吹き、山中に雪煙が立つ。

岸際水温: 7℃

RIMG5533.jpg


前回釣れたポイントで試してみたが、今朝は風の向きが逆で

そこには魚の気配がない。 1時間ほどやるが付近には(まだ)居ないと判断、

立木方面に移動。  



道路から見ると、良型が岸から数メートルのところを回遊しているのが見えるが

近すぎて立ち込めない。 

仕方なく、岸に立ってロールキャストから始める。 

レギュラーサイズがバレた後、浅瀬でデカイのがヒット。

すぐに走られラインが張るが、リールがフリーズロックしていて

ランニングラインが出ないことに気付く。

慌てて走ってリールを水中に突っ込み解氷。

寸でのところでティペット切れを逃れる ・ ・ ・ 


ドタバタ劇の末の71cm 

RIMG5535.jpg



魚の滞留場所に立ってかき回したせいか、その後ピタリと魚信が途絶える。

こうなるとしばらく場を休ませないと魚は戻らない。

奥に移動してみるが、浅瀬で一匹。

RIMG5538.jpg




11時を過ぎてようやく青空と陽がさし、沖合からの風になったので

朝やったポイントへ再び移動してみるが、単発のみで大型がいる気配なし。

RIMG5543.jpg




12時半をまわり、一旦車へ。

一人いた釣人も帰ったようで車がない。

俺一人 ・ ・ ・ (なんか寂しい)

RIMG5548.jpg




陽がさすも、気温マイナス4℃

RIMG5549.jpg



帰ろうかと迷ったが、晴天になったし夕マズメの期待もあって ・ ・ ・

RIMG5551.jpg




頑張って、場を休ませた立木方面へ再び ・ ・ ・

RIMG5554.jpg



55cm

RIMG5556.jpg


RIMG5559.jpgRIMG5562.jpg



53cm

RIMG5564.jpg



パタパタときたが、その後プツリと魚信がなくなり

夕マズメの終わりを感じたので15:40納竿。

RIMG5568.jpg


車のエンジンを始動すると外気温センサーは再びマイナス5℃を示していた。


<本日釣果>

171121丸沼 001


今日は終日ガイドの氷結とリールの凍結が続いた。

今回は運よく難を逃れたが、

極寒では常にリールのフリーズロックを頭におかなければ ・ ・ ・



◆丸沼釣行171117FRI-34

その場でくじけないよう、あえて岸釣りだけの準備をして行った結果

極寒の荒行になってしまった。



温度計の目盛りがそこまでないので正確なところはわからないが

RIMG5453.jpg



気温は間違いなくマイナス6℃以下

RIMG5454.jpg



波打ち際の水温: 8.5℃ 

風も強く小雪が吹き付け、9時になってもまだリールがフリーズロックする。

手の指先が欠けて落ちる感じ ・ ・ ・

寒い! 魚信がない。 でもフライを替えることができない。

指が動かない ・ ・ ・

釣りにならず、散歩で体を温める。



冷え込むときはいつもそうだが、昔の墨田川の水面のように

消えない「泡」が流れてくる ・ ・ ・

RIMG5460.jpg


それでも昼近くになってよーやく陽のあったかさをすこーし感じるようになると ・ ・ ・

RIMG5464.jpg



今日はオケラを覚悟したが ・ ・ ・   

9月29日の釣行以来、10回目、延べ55匹目でやっとこ大型魚がきた。 55cm

RIMG5466.jpg


50cm

RIMG5471.jpg



ここで車に戻って昼飯。

再び戻って ・ ・ ・



レギュラーサイズ

RIMG5474.jpg



53cm

RIMG5476.jpg


大型まであと1センチというところの49cm

RIMG5483.jpg


51cm

RIMG5490.jpg



陽が山に隠れ、再び極寒の環境に ・ ・ ・

釣れたところで、気力も体力も尽き果て納竿とする。

RIMG5492.jpg



今日はHさんも。

そんなことで帰りは定番のほっこりの湯。 

身体が冷え切っていたせいか、温泉の温度が高くなった気がした。

RIMG5497.jpg



<本日釣果>

171117丸沼 001



それにしても、今日のような荒行はこりごりだ。

もうやらない。 (と、思っている・・・)

◆丸沼釣行171113MON-33

秋の大会、ボートを予約し準備万端だったのだが

前日になって急用ができてしまい参加できなかった。


ギャンブル依存症ではないけれど、ここ最近はやたらと釣りに「行きたく」なる。

己の「終わり」が近づいてきたせいか?

そのくせ、寒さ冷たさに曝されることが耐えられなくなり、ジレンマに陥る。

今回もボートと岸釣りの両方を準備して、とりあえず来てみる。


丸沼高原スキー場入口から上はガラリと別世界になる。

RIMG5433.jpg



今朝は湖の沖合ではまったくライズらしきものがない。

土管の流れ込みのシャローには60cm前後のニジが1匹じっとしているのが

道路からでも見える。

その向こうの立木の横で大型のライズが一発 ・ ・ ・




放流された超大型魚は環境適応能力が劣るためか、岸伝いを広く移動するが、

すぐには沖合の深場には行かない。

それを狙うとなれば沖釣りよりは絶対に岸釣りが有利なのだが ・ ・ ・

迷いに迷ったあげく、冷たさに抵抗する気力なく一般魚相手のボート釣りを選択。



水温: 9.5℃

今日は気温が上がっても沖合では終日ライズがまったくなかった。

結局一般魚相手といえど、拾い釣り程度に終わった。

前回は朝から湖全体でライズが多かったし、そのせいかけっこう釣れた。

やはり朝一のライズの状態は釣果を占う一つのバロメーターか。

RIMG5437.jpg



岸釣りの人も少なかったので、岸際をボートで観察してみた。

立木の奥では50クラスが背びれに青いミノーを付けて岸伝いを元気に泳いでいる ・ ・ ・  

牛舎跡方面のワンドには2匹の80クラスの鯉にまじって、60、50クラスの

ニジマスが数匹ごく岸際を回遊 ・ ・ ・

このぶんだと、しばらくは岸釣りにチャンスがあるかも。

ただ、レギュラーサイズの魚影はあまり見られなかった。



夕マズメもこれといった変化はないので、午後3時50分 納竿。

RIMG5445.jpg



帰宅して「丸沼釣り日記」を閲覧したら、岸釣りで大型があがっていた。

やっぱ岸釣りだよなぁ・・・・・    寒くなけりゃなぁ・・・


<本日釣果>

RIMG5434.jpgRIMG5439.jpg
RIMG5440.jpgRIMG5442.jpg
RIMG5444.jpg


【余談】

奥の国道下あたりにいたとき、上の国道で沼田方面から来た

大型バイクが積雪&凍結道路を走行して転倒しました。 

エンジンが吹きあがったまま、すごい音でした。 

幸い仲間がいたらしく、助かったようですが、降雪して間もない金精峠を

大型バイクで越えようとしたのでしょうか。 

どうしてもバイクで越えたい場合は大型バイクでなく

スーパーカブあたりで妥協しましょう。 

◆丸沼釣行171106MON-32

今週は釣り大会後かなり大型が残っているらしい東古屋湖へと企んでいたが、

まだ水位が低く事務所前のひょうたん島が陸続きだったり、

濁りもとれていないリスクもあるのでやめることに。

かわりに、前回(11月1日)の丸沼ではようやく表層でもぽちぽち釣れ出したし、

小型だが綺麗な魚体が多かったので、いい方向に向かっていると感じ、

丸沼へ行くことに。



いつもの場所から今日の湖のご機嫌を伺う。

これまであまりライズはみられなかったが、今朝はけっこう広範囲にライズがある ・ ・ ・

RIMG5388.jpg



とにかく、寒い時期になると水に入るのがイヤになる。 

それに、まだ岸際は魚が薄いと思ったのでボートでのハーリング。 

RIMG5389.jpg



水位はかなり下がり、出島の全周が冠水とまではいっていなかった。 (写真撮り忘れ)



今日は何を勘違いしたのか、小型の魚が多いと思って#4のSHロッドを持ってきたつもりが

#6を持ってきてしまう??

ロッドを忘れるよりずっとましだが ・ ・ ・

RIMG5413.jpg


前回(11/1)は流れ込み沖合やボート置き場沖合あたりも釣れたが、今日はその辺は渋く

奥の方(お花壺・ダムサイト方面)が魚信が多かった。 

綺麗な魚もけっこう釣れた ・ ・ ・

RIMG5391.jpg
RIMG5408.jpg


真夏の魚はすぐにへたるが、水温が低くなったせいか、

ファイトも長引く。 #4ロッドならもっとおもしろいのだが ・ ・ ・



今日は11月の水深・水温を測定してみた。

これまでの実測からして恐らく20mの深さでも表層水温と同じだろうと思ったが、

やはりそうだった。


表層水温12℃
RIMG5394.jpg


ケーブルを10m沈めても ・ ・ ・
RIMG5396.jpg


ケーブルを20m全部沈めても ・ ・ ・
RIMG5397.jpg


水温よりも気温が低いかぎり、ターンオーバーは終わらない。

しかし、水温は下がってきているので、

浅い棚での釣果が徐々に増えてきていることが活性が上がっていることを裏付ける。



今日は天気も良かったし、ボートなので疲れない。

だから薄暗くなるまでやってしまった。

RIMG5427.jpg



思った通り、釣果も徐々に上がってきた。 

ただ、大型がこないのがちょっと ・ ・ ・ 

さて、大会用の魚はどの辺りに居座るのかな?


<本日釣果>

171106丸沼 001


********************* 以下、その他の魚の写真のみ  ***************************

続きを読む

プロフィール

天然釣人

Author:天然釣人
隅っこで幸せに生きていけたらいいな、と切に願う団塊の世代人

最近の記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR